GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
小型船舶用LED船灯 [NAUTILIGHT NAVI LED船灯 NLSシリーズ]
事業主体名
伊吹工業株式会社
分類
生活領域の移動機器・設備
受賞企業
伊吹工業株式会社 (大阪府)
受賞番号
13G060567
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

NAUTILIGHT NAVI LED船灯NLSシリーズは20m未満の船舶を対象とした法定船用品で、主にプレジャーボートを対象にした製品である。船灯は船舶の夜間航行時に点灯し、船舶の向き、進行方向等を他船に知らせる重要な安全装置の一つである。従来は白熱電球を光源としており、玉切れによる無灯火航行が事故の原因の一つになるだけでなく、夜間、荒天時の電球交換は危険を伴っていた。開発したLED船灯は光源をLED化することで玉切れのトラブルから開放され、船舶の安全性の大幅な向上に寄与する。また、消費電力削減によって夜間停泊時のアイドリング運転が不要になり、環境問題の解決にも寄与する。

プロデューサー

伊吹工業株式会社 代表取締役 新宅章弘

ディレクター

伊吹工業株式会社 代表取締役 新宅章弘

デザイナー

伊吹工業株式会社 新宅章弘

詳細情報

http://nautilight.jp/

発売予定
2013年11月1日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

船灯の光源がLEDになることにより玉切れによる無灯火航行の危険性がなくなり、船舶、船員の安全性の向上に寄与する。また、玉切れによる夜間航海中の電球交換の必要もなくなり、船員の負荷の大幅な軽減が期待できる。また、白熱電球に比べて大幅な省エネルギー化を実現することで、万が一航海中にエンジンが停止した場合に、バッテリーでより長い時間、船灯を点灯しすることができ、救助までの事故予防が可能になる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

小型で凝縮感のあるデザインの船灯を提供することで、最近のプレジャーボートのデザインイメージに合致し、船舶のデザインに統一感をもたらすことができる。また、“積みたい”法定船用品への転換を図ることで、所有する喜びの向上が期待できる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

常時点灯する船灯の光源をLED化することにより、船舶のバッテリー、発電機容量の削減が可能になる。それにより機械スペース配置の自由度が増す。加えてデザイン性を考慮した法定船用品を提供することで、他の船舶用製品においてもよりデザインを考慮した製品が増えてくることを期待している。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

船灯光源のLED化で玉切れによる無灯火航行による衝突事故を防止することができ、船舶航行の安全性の向上に寄与する。また、LED化で大幅な省エネルギー化が実現でき、夜間停泊時のアイドリング運転が不要になり、環境問題の解決にも寄与する。

ユーザー・社会に伝えたいこと

船灯は法規を満たすために“積まなければならない”製品であった。それを“積みたい”製品に転換することを第一の目標とした。プレジャーボートは趣味性の高い乗り物でありながら、搭載する法定装備品に選択の余地はなく、昭和50年代に開発された製品を装備している。船灯に求められる性能基準を満たしつつ光源をLED化、最大限まで小型化することで凝縮感のあるデザインとし、法定装備品の概念を変えたいという思いがある。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

船用品カタログ販売、船具店等
NAUTILIGHT公式ホームページ
伊吹工業株式会社公式ホームページ

審査委員の評価

小型船舶用LED船灯。船灯は船舶の夜間航行時に点灯し、船舶の向きや進行方向等を他船に知らせる安全装置、よって法的にも必要不可欠な船舶機器である。ヨットを含めたプレジャーボートはその船体のスマートさが売り物である。よりコンパクトでスマートな船灯があってしかるべきである。この開発意図のもと、改めて一から再考しつくりあげたのがこの新製品である。限定された角度のみに照射することができる光の遮光機能、小型化すれば難しいこの機能を、複数のLEDを独自の方法で配置、小型化と遮光性能の両立を実現させた。モジュール設計に加え、アルミ加工処理など大変に美しい仕上げとなっていて、着けてみたくなる。

担当審査委員| 山田 晃三   羽藤 英二   原 研哉   森口 将之  

ページトップへ