GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スタンプメーカー [ポムリエ STC-W10/STC-U10]
事業主体名
カシオ計算機(株)
分類
個人・家庭のための情報機器・設備
受賞企業
カシオ計算機株式会社 (東京都)
受賞番号
13G050515
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

専用PC/スマホアプリを使ってオリジナルスタンプを簡単に作ることができる電子文具。アプリ上で好きな写真を加工したり、絵柄やテキストを組み合わせて自由にスタンプをデザインすることができる。絵柄はプリセットの他に専用サイトからダウンロード追加でき、季節や行事にあわせて作例や用途提案と共に定期的に配信される。絵柄はもちろん、アプリでのデザイン手順から作品作りまでの一連の流れの隅々にまでこだわることで、スキルを問わず誰にでも質の高いスタンプを作れる仕組みを提供、増加するカスタマイズ需要への貢献を目指した。

ディレクター

カシオ計算機株式会社 デザインセンター プロダクトデザイン部 部長 井戸透記、室長 花房紀人

デザイナー

カシオ計算機株式会社 デザインセンター プロダクトデザイン部 村田史奈、大坪由香、神出英、三崎直昭、山口友一、大野淳二、辻村泰一朗

詳細情報

http://pomrie.casio.jp/

発売予定
2013年11月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

本体側は電源キーとシート挿入スリットのみのシンプルな構成で誰でも迷わず簡単に使用できる。細かく複雑になりがちな操作系を連携アプリに集約し、柔軟性を活かした適切なタイミング/サイズ/配置にすることで使いやすくしている。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

コンパクトな本体サイズ、汚れても拭き取り易い表面処理、陶器を意識したデザインとし、机上に置いたまま日常的に使ってもらえるような工夫をした。オリジナルスタンプ作りが手軽になり、スタンプ特有の手作り感や風合いに加えて、その人ならではのオリジナリティを簡単にプラスできるため、家族やコミュニティでのコミュニケーションをより豊かに育むことができる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

今までオリジナルスタンプを作るには注文か手作りしかなく、非常に敷居が高かった。本製品でそれが簡単手軽になることでスタンプを楽しむ人々の裾野を拡げ、雑貨文具などの周辺産業も巻き込んだ手作り市場全体の活性化と発展に貢献できる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

本体は全て無塗装かつ経年劣化に配慮した配色とし永く使ってもらえる製品になっている。スタンプの持ち手はMDF素材を使用し木材資源の再利用にも配慮している。一手間掛けて作られたスタンプやその作品にはEメールでは伝え切れない温もりがある。大切な思いを伝え残すためのコミュニケーションツールとして活躍が期待できると共に、手紙などの従来のアナログ文化を見つめ直すきっかけを与えてくれる。

ユーザー・社会に伝えたいこと

デジタル機器の進化が目覚ましい一方で、アナログにはアナログの良さがあり、心をこめて手間ひまかけたからこそ伝わる思いがあります。スマホやWEBといった充分に進化したソリューションを活用することで、デジタルが進化したからこその、新しい手づくりのカタチを創ることができたと思います。この製品を通じて、忘れかけていた"あたたかみ"に触れてもらうきっかけになればと思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

家電量販店 文具雑貨店
松井 龍哉

審査委員の評価

デジタル商品には無い手作りの価値を伝える商品として、プリンター本体だけでなく、このシステム全体が高く評価された。専用アプリを介して、スマホやPCから自分の描いた画像や文字がはんこのシールになって出てくる。そこに、MDFの木軸を取り付け、カラーインクをはんこ面に塗って押せばオリジナルのはんこができるというものだ。インクははみ出して混ざったり、かすれたりするが、それがアナログの良さを醸し出している。この一連の過程のために、ダウンロードできるコンテンツも用意されている。また、アプリのUIは、子供にも直観的に分かるよう工夫されていて、自作画や手書き文字なども取り込める。このプロジェクトを「はんこ作り」という極めてアジア的な文化に昇華させようとする熱意に、敬意を表したいと思う。

担当審査委員| 松井 龍哉   鹿野 護   田子 學   宮崎 光弘   ムラタ・チアキ   渡邉 誠  

ページトップへ