GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ゴミ収集庫 [Gスペース]
事業主体名
ダイワラクダ工業株式会社
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
ダイワラクダ工業株式会社 (大阪府)
受賞番号
13G040422
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

従来の機能重視の形から、周辺環境との調和にまで配慮した新しいタイプの集合住宅向けゴミ収集庫です。本来の使用用途である「分別された生ゴミや資源ゴミを収集日まで保管し、強風によるゴミの散乱や小動物によるゴミ荒らしを防ぐ」ための機能は有しつつ、より生活者目線へ重点を置き景観に配慮した意匠設計を施しました。細部に至るまでこだわった設計がより高い意匠効果を演出します。また、上記意匠効果の取組に加え、ユーザーの使いやすさにも工夫を施しました。女性や年配の方にも無理なく開け閉めができるよう高さに配慮し、指つめ防止の為にアウトセットした蓋、抗菌塗装を施した取手部など、たくさんのこだわりが詰まっています。

プロデューサー

ダイワラクダ工業株式会社 商品開発部 企画グループ長 吉田 剛志

ディレクター

ダイワラクダ工業株式会社 商品開発部 外装2グループ 静間竜二、正司進、水野芳樹

デザイナー

ダイワラクダ工業株式会社 商品開発部 企画グループ 鮫島 隆則

発売予定
2013年8月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

操作性や安全性の基本性能と衛生面への配慮の両立により、使いやすさと安心感を提供することができます。・幅広い取手と大きな開口で開け易いだけでなく、女性やお年寄りにも無理なく投入しやすい高さ。・指詰め防止の為のアウトセットした蓋と隙間寸法。・使用者が唯一製品に触れる部分として、細菌を抑える効果のある抗菌塗装を施した取手。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

使用用途の異なる生活者も想定したユーザーフレンドリーな機能を提供することができます。・カラスや猫などのゴミを荒らす小動物が入らない事を前提にした隙間寸法 ・意匠性だけでなく、ゴミの臭いの滞留を防ぐために通気性も兼ねた、側面パネルのパンチングやアウトセット蓋の隙間。・回収時や清掃時の利便性を考慮し、大きく開口できるよう設計した前扉。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

自社工場での生産を通じて、環境にやさしいモノづくりを提供することができます。・ISO9001認証取得。・電力・上水の使用量の削減、廃棄物の削減、リサイクル率の向上などを配慮した、徹底的な品質管理。・多様な素材(アルミ、樹脂複合板、鉄板、鋼板、ステンレス)を適材適所に組み合わせできる、業態に制限されないモノづくり。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

よりシンプルなスタイリングを追求し環境適正を考慮することで、地域の総合的空間演出を提供することができます。・使用時の機能性だけでなく未使用時への配慮を詰め込んだスタイリング。・剥き出しにしがちな取手をスタイリングの一部として見直すなどの細部にいたるまでのこだわり設計。・洗練された住宅外観を引き立て、コーディネートの汎用性を与えるカラーバリエーション。

ユーザー・社会に伝えたいこと

こだわりを持って選ばれる製品の分野はデザインの確立がなされている中、今回のゴミ収集庫の様に普段気に留められない製品はいわゆるデザインの発展途上的な製品の1つです。しかしながら、大きく景観を変化させてしまいかねないゴミ収集庫は、役割としてのデザイン効果は前者よりも大きく、デザイン発展の底上げ的な存在にも繋がる製品です。こういった製品をより世の中に出していく事がデザインの未来へ繋がると期待しています。

審査委員の評価

この製品は、周辺環境との調和を考慮し、より生活者目線へ重点を置き景観に配慮した意匠設計から、記号性を保ちながらもゴミ収集庫らしさを削ぎ取ろうとする意図は伺える。本来の使用用途であるゴミの保管や散乱の防止機能だけでなく、女性や年配者への使いやすさを考慮し、抗菌塗装を取手に施し衛生面での配慮など、ユーザーの目線で設計されている。頑健な構造であり、またパーツ交換可能とし長期的な使用も考えられている。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   橋田 規子   服部 滋樹   吉田 龍太郎  

ページトップへ