GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
窯業系外装材 [オフセットサイディング]
事業主体名
ニチハ株式会社
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
ニチハ株式会社 (愛知県)
受賞番号
13G040416
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

国産材の有効利用を目的に、当社独自の技術により国産木材チップをサイディング原材料に使用しました。これにより生長過程で吸収したCO2の長期固定化が可能となり、外壁として住宅や店舗等にご使用頂くだけで、地球温暖化防止に貢献します。

プロデューサー

ニチハ株式会社 上席執行役員 調査部長 吉田 康則

ディレクター

ニチハ株式会社 執行役員 営業企画部長 稲葉 文彰

デザイナー

ニチハ株式会社 営業企画部企画課長 鈴木 朗

詳細情報

http://www.nichiha.co.jp

利用開始
2012年6月
価格

2,437 ~ 7,616円/(㎡単価) (色柄・サイズにより異なります。)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

オフセットサイディングは「サスティナブル建材」として、戸建住宅の評価基準であるCASBEEⓇ戸建- 新築の評価基準のうち、複数の評価項目でポイントを得ることが可能な外壁材となっています。意匠性だけでなく、快適で安心して長くお使い頂ける住まいづくりを応援します。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

地球温暖化対策は私たち一人一人に課せられた課題です。これからのライフスタイルに欠かせない低炭素社会への取り組みにおいて、日々の生活の中で身近なところから始めるCO2削減に加え、新築、リフォームを検討される際に、オフセットサイディングの豊富なデザインやカラーバリエーションとともに、ささやかながら環境貢献の価値観を感じとってもらい、次世代に繋げて欲しいと考えています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

日本の殆どの森林は、下刈や間伐がされずに放置され森林本来の姿で機能していない状況です。原材料に国産木材チップを使用したオフセットサイディングの普及活動が、森林整備等の資金として結果的に山に還元され、この森林サイクルを循環させることで健全な森林の育成に繋がり、日本の林業、山村の活性化に貢献します。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

「オフセットサイディング」は元々、製材後に排出される端材や背板を木材チップを有効活用するところからスタートしています。木材チップを製品に取り込むことによって炭素の貯蔵(固定)を図るとともに、国内の木材需要の拡大と森林整備(森林・林業再生)の促進による二酸化炭素吸収量の増大を推進し、地球温暖化防止の一助として、低炭素社会の実現に取り組みます。

ユーザー・社会に伝えたいこと

日本の標準家庭が排出している二酸化炭素は一人当たり、年間に2100kg-CO2と言われています。特に震災以降、省エネ・省CO2志向が高まっており、スマートハウスやスマートコミュニティのニーズの加速化が見られますが、エシカルコンシューマーだけに限らず、個々が持つ環境共生への想いを叶える「地球に優しいエコ外壁材」でありたいと願っています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国8ヶ所のニチハショールームでご覧頂けます。皆様のご来場をお待ちしております。
住まいの外観をトータルに御提案するニチハのショールーム

審査委員の評価

東日本大震災後により、多くの人が環境問題やエネルギー問題について関心を寄せている。住まいの新築やリフォームなどの機会に、情報収集し環境への負荷や省エネルギーに貢献できるものを探し選ぶ人は増えている。このサイディング建材は原材料に国産木材製材後に排出されるチップのみを有効活用するとともに、排気されるまでの期間、炭素貯蔵し環境負荷軽減に貢献する製品。従来は木とセメントの混合は性能発揮が困難とされていたが、独自の製法により実現させている。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   橋田 規子   服部 滋樹   吉田 龍太郎  

ページトップへ