GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
レンジフード [洗エールレンジフード]
事業主体名
クリナップ株式会社/パナソニック株式会社
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
クリナップ株式会社 (東京都)
受賞番号
13G040375
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

多くの人がレンジフードのお手入れで最も面倒なフィルターとファンの掃除に多大な時間と労力、更には多量の水と洗剤を使ってきた。本品はフィルターとファンを一体化させた新構造のファンフィルターにより、油煙を効率よく捕集し、ボタン1つの簡単操作で集めた汚れをまるごと自動洗浄できる業界初のレンジフード。わずか650ccのお湯と親水性塗装の効果により、洗剤を使用しない自動洗浄の方法を確立した。また、調理物の温度に応じて自動的に風量を切り替える「省エネナビ」機能を搭載するなど、省エネ性にも優れている。これだけの機能を有していながら、キッチンやリビング空間と調和のとれたインテリア性の高いデザインを実現した。

プロデューサー

クリナップ株式会社 執行役員 開発本部長 兼開発部 部長 藤原 亨+パナソニック エコシステムズ株式会社 IAQビジネスユニット 林 勝成

ディレクター

クリナップ株式会社 開発本部 開発部 デザイン課 課長 島崎 龍太郞+パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 デザインセンター エナジー・エコシステムズデザイングループ 柴村 一朗

デザイナー

クリナップ株式会社 開発本部 開発部 デザイン課 坂田 和隆+パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 デザインセンター エナジー・エコシステムズデザイングループ 日高 正隆

詳細情報

http://www.cleanup.co.jp/

発売
2013年2月1日
価格

183,000 ~ 230,000円 (税抜) (本体価格(組合せ部材は別途))

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

レンジフードのフィルターとファンの掃除は多大な労力を強いられる。ボタン1つの簡単操作で自動洗浄を可能にしたことにより、レンジフードの掃除が手軽に、かつ家事負担を大幅に軽減できた。また、レンジフードとしては機能が多いため、スイッチ部には運転状況や洗浄時期などをランプ表示して使用上の補助を行うことで使い勝手に配慮し、通常は消灯しているランプを必要なときにだけ点灯させることで分かり易さにも配慮した。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

ファンフィルターの自動洗浄に掛かる時間は約10分間であり、手洗いと比べると洗浄に必要な時間を大幅に短縮できる。拘束時間の緩和により、家族とのコミュニケーションや自分自身の時間など、ユーザーにとって有効活用できる時間の提供が可能となった。また本体色はシルバーとホワイトを設定、幕板はキッチン扉はもちろん壁紙や建具と合わせて自由に選択できるため、空間に合わせたコーディネートを実現できる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

フィルターとファンを一体化した新構造のファンフィルターは、従来のそれぞれの役割を持ち合わせた新技術。油煙の流れをスムーズにし、レンジフード内の汚れの約8割を集めることができた。またファンはお湯を掻き揚げ、洗浄に効果的な水流を生み出し、表面に施された親水性塗装の効果と併せて、わずか650ccのお湯だけで洗浄できる。これにより自動洗浄レンジフードという製品ジャンルを確立し市場の活性化に貢献した。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

わずか650ccのお湯だけで洗浄が可能なため、節水効果が非常に高く、洗剤を一切使用しないことも含め、地球環境に配慮した製品となっている。また調理物の温度を検知し、自動的に換気風量を切り替えて省エネ運転をする「省エネナビ」機能の搭載に加え、消費電力が低く長寿命であるDCモーターやLED照明を使用したことで、一般的なレンジフードと比べて約86%の消費電力の削減が可能となった。

ユーザー・社会に伝えたいこと

レンジフードのフィルターやファンは、掃除がしにくく不満点が多い部分でした。それらをボタン1つで自動洗浄できるこのレンジフードを使用することで、より理想的な食・住文化の実現を期待するとともに、家族の笑顔を生み出すきっかけになれれば幸いです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

クリナップ(株) 新宿ショールーム 東京都新宿区西新宿3-2-11 (その他全国102ショールーム)
http://cleanup.jp/showroom/index.shtml

審査委員の評価

業界初の自動洗浄機能を搭載したレンジフード。レンジフードの掃除は最もやりたくない掃除のひとつであり、多大な労働時間と多量の水と洗剤を使ってきた。 本品はわずか650ccのお湯と親水性塗装の効果により、洗剤を使用しない自動洗浄の方法を確立している。また、フィルターとファンを一体化させた新構造のファンフィルターにより、油煙を効率よく捕集し、また、調理物の温度に応じて自動的に風量を切り替える「省エネナビ」機能を搭載するなど、全てにおいて省エネルギーに貢献している。デザイン的にも既存のキッチンやリビングにも違和感なくフィットするデザインを実現している。世界へ進出できる製品である。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   橋田 規子   服部 滋樹   吉田 龍太郎  

ページトップへ