GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
椅子 [friendly DC318]
事業主体名
ナガノインテリア工業株式会社
分類
家具・インテリア
受賞企業
ナガノインテリア工業株式会社 (福岡県)
受賞番号
13G040328
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

木製ダイニングチェア、ベンチ。主に家庭用として生活空間での使用を想定している。ダイニングチェアは張座・板座があり、ベンチは2つのサイズから選択できる。女性がいつまでも手元に置いておいたくなるポイントを押さえたデザインを目指した。

プロデューサー

ナガノインテリア工業株式会社

デザイナー

山田 長幸

詳細情報

http://www.nagano-interior.co.jp

発売予定
2013年6月14日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

家事等で立ったり座ったり忙しく動き回る女性にとって、コンパクトではあるが、決して小さすぎない、このサイズ感と座り心地は使い勝手がよく、重宝する。もちろん、座面には張座はダイメトロール、板座は削り出し加工をしており、ゆっくり腰を据えて、長時間過ごすことまで想定して提案している。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

チェアは座面の使用が張座、板座から、ベンチは2つのサイズから選択できる。同じシリーズでありながら、自分の好みに合わせて仕様を選ぶことができる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

奇をてらうことなく、基本に忠実な構造であることが安定した強度、品質を生み、永く愛着を持って使い続けられる安心感へとつながる。そして、それが付加価値となり、多くのユーザーの獲得につながると考える。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

永く愛着を持って使い続けられるものこそ、本当の意味でのエコであり、これからの社会に必要な考え方だと考える。

ユーザー・社会に伝えたいこと

永く愛着を持って使い続けられるものこそ、本当の意味でのエコであり、これからの社会に必要だと考える。

審査委員の評価

永い歴史と伝統に裏打ちされた構造やフォルムを持つウィンザーチェアを現代の女性生活者に焦点を当て、優しい座り心地の追求、サイズのコンパクト化を計ることや、長期使用に耐えられる普遍的存在感を目指し、構造面から見直して真摯に正面から取り組み、完成度の高いウィンザーチェアを完成させた点を高く評価した。また、工場の生産技術の特性を理解し、最大限に引き出すと同時に品質と意匠のバランスを図り、普遍的な完成度の高い椅子の完成を実現している。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   橋田 規子   服部 滋樹   吉田 龍太郎  

ページトップへ