GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
おひつ [浅型おひつ3合]
事業主体名
有限会社日樽
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
有限会社日樽 (秋田県)
受賞番号
13G020226
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

秋田の雪深い山奥、厳しい自然環境で育った、樹齢200〜300年の天然秋田杉でつくった浅型おひつ。木目が細かく柾目の美しさが特徴です。白木のおひつにご飯を入れると、余分な水分を取り調整してくれるため、ご飯がふっくらと美味しくなり、長い時間保存できます。蓋と本体の角隅にご飯が入るのを防ぐため、木のリングをはめ込み、角隅を無くしました。

プロデューサー

日景 義雄

ディレクター

日景 義雄

デザイナー

日景 義雄

発売
2010年4月
価格

42,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

天然素材で構成されており、安心して使えます。底隅を丸く仕上げたためご飯が掬いやすく、洗う動作もスムーズになり、より気軽に、より長く使って頂けるものとなりました。また、ほのかに香る杉の香りはリラックス効果を持ち、食卓にやすらぎを生み出します。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

木の持つ調湿保温機能により、ご飯が冷めにくく、傷みにくいです。樹齢200〜300年の天然秋田杉を使用したおひつは、食卓にあたたかみを生み、おひつに入れたご飯は、ほんのりと木の香りを纏い、その調湿保温機能によりふっくらとした美味しいご飯を食卓に提供します。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

地元の材料、地元の製材工場を経て入手される材料を使用し、地域産業の循環の一部となり、地域経済の持続を促します。また、良い材料を良い製品として発信する事で「秋田杉」の良さやぬくもりを感じて頂けると思います。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

おひつは昔から日本の生活文化のなかで使われてきた道具です。現代のライフスタイルやニーズに合わせる事で、今後も持続的に使い続けて頂けるものです。現代では米離れが心配されておりますが、おひつを使って美味しいご飯を味わえることで、食育にも貢献出来ると考えております。

ユーザー・社会に伝えたいこと

角ばった部分を無くし、なめらかな丸みを意識した造形としました。サイズは現代のライフスタイルに合わせて見直し、テーブルにおいても圧迫感を与えない比率を追及しました。材料は天然秋田杉の木目の美しさがきわだつ白身を、タガには竹を使用し、自然素材の温かみを最大限に引き出す構成としています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

(有) 日 樽

審査委員の評価

おひつの伝統的な製法・意匠に甘んずることなく、徹底した改善を施した点が高く評価できる。米粒の逃げをなくす角隅のアールは高度な加工技術があってはじめて実現できるものであり、蓋の密着にも同様の手間が施されていて、おそらくこれまで作られたおひつの中では最上級のものであることは確かであろう。一方で高度な加工は価格に反映されるものである。日用品としてのおひつに適したバリエーションも期待したい。

担当審査委員| 山本 秀夫   池田 美奈子   左合 ひとみ   松田 朋春  

ページトップへ