GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
誘引捕獲器 [ハチ激取れ]
事業主体名
フマキラー株式会社
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
フマキラー株式会社 (東京都)
受賞番号
13G020164
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

庭木に吊るすだけで、危険なハチをキャッチ。ハチが好む果汁と樹液の特殊誘引成分(食品原料のみ)が誘い込み、入りやすく出にくいロート型ワンウェイ容器構造で、身動きが取れないハチは液へ落下、溺れ死にます。透明容器で捕獲も確認できます。

プロデューサー

フマキラー株式会社 開発本部 本部長 杉山 隆史

ディレクター

フマキラー株式会社 開発研究部 課長 山本 和則

デザイナー

クラウドデザイン 三浦秀彦+株式会社ハル・アド

詳細情報

http://www.fumakilla.co.jp/products/insect/variety/post-61.html

発売
2013年3月15日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

庭先に設置するだけで手間をかけずに予防ができること。さらに、殺虫剤を使用していないこと。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

既存のハチ用エアゾールでは、ハチと直接対峙し危険を伴っていたが、設置するだけでハチを駆除できること。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

ハチ用対策品としての新たなカテゴリーの創造。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

スズメバチなどのハチによる被害を事前に防げること。

審査委員の評価

危険な蜂を誘因、捕獲する装置で、蜂の増加を防ぐ予防製品である。本製品は庭先に設置するだけで手間をかけずに蜂の増加を予防でき、殺虫成分を使わないため人体に安全である。また、エアゾールのように直接蜂と対峙し返り討ちに会う危険を避けられる。蜂を閉じ込めるケースは、誘因液の残量を確認できるよう透明にした黄色、誘導口部分は蜂に出口を悟らせないよう黒色にして容器のホルダーを兼ねた屋根を設けている。極めて合理的な設計であり、シンプルな部品構成の明解なデザインが評価された。

担当審査委員| 山本 秀夫   池田 美奈子   左合 ひとみ   松田 朋春  

ページトップへ