GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
鏡 [Wa MIRROR]
事業主体名
WAPPA PROJECT
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
casane tsumugu (秋田県)
受賞番号
13G020154
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

秋田県の伝統工芸「大館曲げわっぱ」の技術を活かし、現代の生活シーンに溶け込むようなプロダクトを意識して製作したミラーです。曲げわっぱを二重巻きにしたボリューム感のあるフレームで、和に限らず様々なテイストの空間にマッチします。内部構造も2つのリングでミラーを挟み込むことにより、釘を使用せず組み上げています。

プロデューサー

田宮 慎 / casane tsumugu

ディレクター

田宮 慎 / casane tsumugu

デザイナー

湊 哲一 / MINATO FURNITURE

詳細情報

http://casane-hito-tsumugu-mono.com

発売予定
2013年10月
価格

17,850円 (消費税5%含む)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

伝統工芸「大館曲げわっぱ」の素材・技術を活かし、内部も2つの曲げわっぱリングでミラーを挟み込み、釘を使わず組み上げていますので、傷等は研磨することで、ミラーの破損などの際も容易に補修可能な仕様です。表面は蜜蝋と植物性油で仕上げていますので、杉の香りもそのままに、また大切にお使いいただくことで、長く、また木の経年変化や艶を楽しんでいただける製品です。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

伝統工芸品と呼ばれるものの中には、かつては生活に寄り添う暮らしの道具だったものが少なくありません。また、石油由来の建材やプラスチックに囲まれた暮らしから、長く使え、質感のある『木のある暮らし』を見つめ直す人々が増えている昨今、これからの暮らしに寄り添える、伝統工芸の技術を活かした製品として、暮らしを彩る価値を提供したいと考えます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

本製品は、メーカーからデザイン依頼を請けたのではなく、『WAPPA PROJECT』が自発的にメーカーに依頼し、デザイン・PR、販路開拓まで一貫して行うものです。縮小するローカル経済の中で、デザイナーやクリエイティブに関わる者は、従来の「待ち」の姿勢ではなく、自ら動き、作り手だけにリスクを負わせず、新たな市場を開拓すべきだと考えます。本製品が地域に気づきを与えるものになることを望んでいます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

かつて秋田では、御祝いや記念時に、曲げわっぱや樺細工などの工芸品を送り合う文化がありました。昨今、工芸品の技術は継承されているものの、そのような文化・風習は徐々に減少し、特に若い世代の間にはほとんど見られなりました。現代の生活シーンに溶け込む伝統工芸品が増えることで、地域の工芸品を、地域の人々が使い、送り合う素晴らしい文化が再生することを願っています。本製品がそのきっかけになれば幸いです。

ユーザー・社会に伝えたいこと

デザインはじめクリエイティブに関わる人たちが、発注を「待つ」姿勢から「自ら動いて作り出す」姿勢へと思考をシフトさせ、社会のより良い変革に向けて積極的に社会や現場に入り込み、そこから感じ得たものを、デザインの力を発揮して利用者や購入者に伝えていく動きが広がっていくことを望みます。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

miNca|秋田県大仙市
casane hito tsumugu mono
WAPPA PROJECT

審査委員の評価

秋田の伝統工芸である曲げわっぱを用いたインテリプロダクトである。鏡の額縁として、柔らかな杉の風合いとボリュームのあるおおらかな形がよくマッチしている。曲げわっぱの技術を様々な生活シーンに応用する試みであり、デザインは和洋いずれの空間にも良く馴染むものである。製品は非常に高い品質に仕上げられており、高い評価を得た。

担当審査委員| 山本 秀夫   池田 美奈子   左合 ひとみ   松田 朋春  

ページトップへ