GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
パークゴルフ用ボール [ハイパワーボールX-LABO ハード/GGP303]
事業主体名
株式会社アシックス
分類
個人用品、育児・介護用品
受賞企業
株式会社アシックス (兵庫県)
受賞番号
13G010111
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

より高い反発性を求め、従来の中空3層構造を踏襲しつつ、素材配合を変えることで従来品を超える反発スピードを実現。また、ハードなイメージを持たせるために全体を透明化したパークゴルフ用ボール。

プロデューサー

株式会社アシックス グローバルアパレル・エクィップメント統括部 藤原壮二郎+アシックスジャパン株式会社 プロダクトマーケティング統括部 西浦堅二

ディレクター

株式会社アシックス グローバルアパレル・エクィップメント統括部 今里克博+アシックスジャパン株式会社 プロダクトマーケティング統括部 六川正也

デザイナー

株式会社アシックス グローバルアパレル・エクィップメント統括部 磯江道介+アシックスジャパン株式会社 プロダクトマーケティング統括部 梶田洋象

発売予定
2014年2月
価格

2,400円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

パークゴルファーの多くを占める高齢者に安全に楽しく、かつ筋力の少ない方でも楽にプレーできるよう、従来のボールよりも、より楽に飛ばすことが可能となる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

パークゴルフにおいて次世代とされる50代は、新しい提案に敏感であり、従来の無地に近いボールには満足できていない。そのため樹脂を透明にすることで、視覚的にも新しさを表現した。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

ゴルフボールにも使われる高反発樹脂を独自に配合することと、赤いインナーリング採用により従来の生産手順を変えることができた。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

ゴルフ同様、用具に対する関心はきわめて高いが、ここ数年新しい提案商品は無く、用具に飽きが抱かれるようになっていた。ひいてはプレーに参加する率も落ちてきていたが、新しい提案で刺激を与えたい。

ユーザー・社会に伝えたいこと

パークゴルフは北海道発祥のレジャースポーツで、全国に広まっているものです。より良いもの、より新しいものに敏感なユーザーが多いが、機能的にもデザイン的にも大きく変わる事でより楽しみながら選択し、積極的にプレーに参加して頂きたいと考え、これまでに無い新しい構造・素材・デザインを起こしました。

審査委員の評価

素材を透明にし、製法上作られる積層を活かして色と形を見せるアイデアは、これまで定着したボールの世界観を新しく変えた。グラフィカルなデザインパターンは、回転に対する視認性が上がるので、打った球のスピード感が視覚化され、ユーザーに新たな興味を提供している。道具が新しく若い世代が共感するデザインが施されることで、ユーザー層の広がりや楽しみを与える功績を評価した。

担当審査委員| 廣田 尚子   工藤 青石   サイトウマコト   須藤 玲子  

ページトップへ