GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
鼻緒付き履き物 [なら下駄]
事業主体名
株式会社一歩
分類
個人用品、育児・介護用品
受賞企業
株式会社一歩 (奈良県)
有限会社サン・デザイン・プロダクツ (奈良県)
受賞番号
13G010100
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

奈良県のサンダル製造業は、昭和30年〜40年代のヘップサンダルブームを頂点に、現在まで脈々と地域の産業を支えてきました。しかし、経済産業情勢の変化にともない安いアジアの製品との競争に太刀打ちできなくなりました。そこで、流行に敏感でファッショ性豊かな若年者をターゲットとして、「軽くて歩きやすい“なら下駄”。花火大会、湯めぐり、海水浴などいろいろなシーンで大活躍!!」をコンセプトに、「歩きやすさと安定感」・「抜けない・滑らない安心構造」のスポンジ製下駄を開発しました。

プロデューサー

山名 勉

ディレクター

山名 勉

デザイナー

山名 勉、杉山 陽二

詳細情報

http://www.narageta.jp/

発売
2013年3月
価格

1,980円 (個人様向けオリジナル鼻緒プリント費用(1足):なら下駄本体価格+2,000円)

販売地域

日本国内向け

設置場所

一般量販店

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

近年、生活環境の変化に伴い、鼻緒付き下駄を利用する消費者が少なくなりました。しかし、これらには多くの利点があります。例えば、「風通しがよく水虫になりにくい」、「外反母趾になりにくい」、「足つぼが刺激され血液の循環を抹消から促進する」、「快適な履き心地」など、健康の維持・促進につながります。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

国内で本格的な少子高齢化が進む中、健康や教育に対する関心はますます高まってきています。本商品の特徴は、長時間履き続けても足指が痛くならない構造、大人から子どもまで全ての人にフィットできる豊富なサイズ、また多様なデザインを選択することができます。この商品を利用する高齢者や子ども達は、花火大会、海水浴、湯めぐりなど、外出する機会が増えることによって、豊かな創造性と感性を育むことができます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

近年、産業構造の変化や長引く不況などの影響を受け、ヘップサンダル等の地場産業は、低迷傾向です。このようななか、本商品では,開発技術,ニーズ,コンセプトを優先とした新たなプロダクトイノベーションの実現に向けて開発に取り組みました。新しい時代におけるデザイン開発手法やデザイナーの活用など、企業経営におけるデザイン業務のマネジメントについて、地域企業に一計を案じたのではないでしょか。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

なら下駄本体に使用されている独立気泡発泡スポンジEVAは、柔軟性や弾力性に優れ、環境ホルモンを含まない安心な素材で、介護製品にも用いられる安全な素材です。また、鼻緒は樹脂製で耐久性・耐候性があり、ノーメンテナンスで問題なく使用できます。加えて、歩行時の響き音も無く、ご近所にご迷惑をおかけすることもありません。

ユーザー・社会に伝えたいこと

国内で本格的な少子高齢化が進む中、健康や教育に対する関心はますます高まってきています。本商品の特徴は、長時間履き続けても足指が痛くならない構造、大人から子どもまで全ての人にフィットできる豊富なサイズ、また多様なデザインを選択することができます。この商品を利用する高齢者や子ども達は、花火大会、海水浴、湯めぐりなど、外出する機会が増えることによって、健康の促進と豊かな感性を育むことができます。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

なら下駄屋
なら下駄
株式会社一歩(いっぽ)

審査委員の評価

素材をウレタンに変えたアイデアはユニークで、新しいユーザー層や使用シーンの広がりが見込め、伝統産業に新しい風を吹かせる意欲を感じる。カラーと鼻緒の柄が豊富で、選ぶ楽しみを提供している点も消費心理に合っていて良い。ただし、鼻緒には和装柄がプリントされていて、デザイン的な提案性に少し欠けている。伝統的なアイテムを現代の生活感覚に合わせて変革することは必要であるが、それらは歴史が長く、時間をかけて洗練されてきており、その佇まいは美しく完成度が高い。今後は伝統が持つ文化的な美をうまく取り入れるためにも、さらにオリジナリティのあるデザインの模索を期待したい。

担当審査委員| 廣田 尚子   工藤 青石   サイトウマコト   須藤 玲子  

ページトップへ