GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2013

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
健康モニタリング装置 [健康モニタリング装置 ASTRIM FIT]
事業主体名
シスメックス株式会社
分類
個人用品、育児・介護用品
受賞企業
シスメックス株式会社 (兵庫県)
受賞番号
13G010089
受賞概要
2013年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

いつでも、どこでも、誰でも、痛み(採血)無しに、貧血の指標であるヘモグロビン推定値を測定できる装置です。近年、食生活や生活習慣の乱れにより潜在的な貧血人口が増加しています。貧血は体の何らかの異常によって起こる症状であり、必ず原因となる問題があります。病院などでは採血により血液中のヘモグロビン量を計測し貧血の診断、治療を行っています。体重を測るようにヘモグロビンを測ることができれば、日々の健康管理だけでなく、重篤な状態になる前の適切な診断・治療に繋がります。学生などの若年層は生活習慣の乱れから貧血を発症することが多いため、生活習慣改善の気づきとなり健康な生活を送ることができます。

プロデューサー

シスメックス株式会社 開発プロジェクト 木尾克彦、斉藤太計雄/技術情報部 中平増尚、関将之、井上麻央

ディレクター

柴田 文江(Design Studio S 代表)

デザイナー

プロダクトデザイン:柴田 文江(Design Studio S 代表) GUI:株式会社ソフトディバイス

発売予定
2013年12月
販売地域

日本国内向け

設置場所

学校の保健室、プロ・実業団・スポーツジム等のアスリート向け施設

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

採血をする必要がないため、被検者の身体的・精神的な負担を軽減しています。精度良く測定するには指とセット部がぴったりと合う必要がありますが、年齢や性別、体型、人種によって指のサイズは異なるため、指を載せる部分をアタッチメント方式にし、どのような方に対しても正確に測定できるよう配慮しています。また、指の乗せ方が正しくない時は、分かりやすいメッセージで操作をサポートします。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

貧血は自覚症状が出にくいため、気づかぬ間に健康状態が悪化している可能性があります。現在、若年層の健康指導には、体重・体脂肪・血圧が指標として用いられ、正常値範囲外の方には生活・食事習慣の問診を行うことで改善指導を行っていますが、本装置を用いれば生活・食事習慣の結果が顕著に現れる指標を体重や体脂肪、血圧のように簡単に測定することができ、より健康に生活するための効果の高い指導・管理が可能となります。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

一部の看護師によるボランティア活動「まちの保健室」では、学校の保健室のように、地域住民が健康上や医療上の悩みを気軽に相談でき健康増進できるよう取組んでおり、コミュニケーションツールのひとつとして前の機種が導入されています。低価格化、小型化、使い勝手の向上を図った本装置は、更に多くの健康増進のための啓蒙・指導活動に役立っていくと考えています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

世界人口が70億人を超える中、約30%にあたる20億人以上が貧血の状態だと言われています。中でも発展途上国の子供の40〜50%は栄養不良による貧血です。こういった場所では、コストと採血時の感染性リスクにより血液検査の普及は十分ではありません。将来的には、このような状況下で貧血のモニターを行うことで、国際的な社会貢献へ繋げたいと考えています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

発展途上国では多くの妊産婦が貧血により亡くなっています。貧血を診断する血液検査はコストや採血による感染性リスクが伴うため、このような地域では行われないことが多く、貧血に対処がされないことが原因の一つとなっています。ASTRIM FITは採血・消耗品無しに簡単に貧血の指標となるヘモグロビン推定値の測定が行えます。現時点では日本国内のみでの販売ですが、いずれは国際的な社会貢献に繋げたいと考えています。

審査委員の評価

採血することなくヘモグロビン値を測定し、血圧計のように個人ユースで使用するというコンセプトは新しく、潜在的な需要に応える価値の高い開発だ。コンセプトにふさわしいサイズ感を実現し、高性能であることと人を受け入れやすい優しい佇まいの両立が、丁寧な造形処理によって成功している。高性能な計測機器を一般化するには、デザインが果たす役割が大きい。

担当審査委員| 廣田 尚子   工藤 青石   サイトウマコト   須藤 玲子  

ページトップへ