GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ヌーヴェル赤羽台 [ヌーヴェル赤羽台]
事業主体名
独立行政法人都市再生機構
分類
生活支援のためのサービス・システム
受賞企業
独立行政法人都市再生機構 東日本賃貸住宅本部 (東京都)
受賞番号
12GC31065
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

JR赤羽駅からほど近い高台に位置する赤羽台団地は、昭和37年に都市部のモデル団地として建設され、スターハウスや 囲み配置を持つ名作団地と言われてきました。その赤羽台団地が、UR都市機構の建替事業により「ヌーヴェル赤羽台」として新しく生まれ変わりました。ヌーヴェル赤羽台では、建築家チームとランドスケープ・照明の各デザイナー、URのコラボレーションにより、名作団地を超える空間設計を目指すと共に、長い年月の間に培われ成熟したコミュニティや街の記憶を受け継ぎながら、旧くからお住まいの方々、これから新しく赤羽台の地に住み始める方々がともに輝くまちづくりに取り組んでいます。

プロデューサー

独立行政法人都市再生機構 東日本賃貸住宅本部 本部長 望月常弥

ディレクター

渡辺真理

デザイナー

【建築】渡辺真理、北山恒、高橋晶子、高橋寛、木下庸子、古谷誠章、篠原聡子、田中彰、小嶋一浩、赤松佳珠子、奥茂謙仁、山本圭介、堀啓二、瀬田武久 【ランドスケープ】忽那裕樹 【照明】近田玲子

詳細情報

http://www.ur-net.go.jp/urbandesign/project/danchi1.html

利用開始
2006年9月
販売地域

日本国内向け

設置場所

北区赤羽台1-5及び2-3

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

3〜7号棟においては「平成20年度超長期住宅先導的モデル事業」に採択され、スケルトンインフィルをベースとした先導的提案の実現に取り組みました。共用排水管の更新性向上や将来の住戸規模変更を容易にする工法の採用の他、デザイン調整による景観連続性の確保などまちなみに配慮しています。屋外空間の設計では既存の植栽群の保存、夏祭りのできるスペースの確保等、当団地で育まれた樹木やコミュニティの継承を図りました。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

建替によって住空間の快適性の向上だけでなく、バリアフリー化や住宅内にコールボタンを設置するなど安全・安心な住まいとしました。また、屋外には四季を感じられる中庭など身近な安らぎの場を提供しています。赤羽台団地の時代から住み続けられている方から「建替えにより、使い勝手の良い設備が整ったきれいな住まいでの暮らしが再スタートできて、心身共に安心して活き活きと生活できます」という声をいただいています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

ヌーヴェル赤羽台は集合住宅であることから新たな「生活」の場を提供できたことに加え、同時に生活に必須となる近隣コミュニティのための仕掛けを造り込んだことにあると考えます。多様なニーズに応えられるバラエティに富んだ住宅を提供し、生活支援施設の再配置やコミュニティを身近に感じられる共用空間など、便利でうるおいのあるまちづくりを進めています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

住宅産業、とりわけ賃貸住宅産業においては、間取りや設備など住戸内部の設えに重きが置かれているのが現状です。一方でヌーヴェル赤羽台は、既存賃貸住宅の建替えという事業の特性上、住宅のみでなくいかにコミュニティを継承していくかを考慮しなければならない状況にありました。今後増大が想定される集合住宅の建替えにおいて、進め方の先行例となればと考えます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

赤羽台団地の歴史を継承するため、骨格となる街路や屋外の植栽群を保存・再整備し、新旧の時代のコラージュを図りました。建物には赤羽台団地建設当初の写真や住宅内の部品を展示し、半世紀にわたり繰り広げられた暮らしの記憶を留めています。環境面では、地球温暖化防止に資する屋上緑化を推進しているほか、住宅の温熱環境や材料の選定などにおいて環境配慮の取組みを展開しています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

ヌーヴェル赤羽台における最大のテーマは、半世紀にわたるコミュニティの継承と発展です。団地中心部のイチョウ並木を歩行者専用道路として再生し、隣接する新設の集会所や中庭とともに夏祭りの新たな会場となるよう団地自治会とワークショップを実施しました。多くの関係者のコラボレーションによるこれらのコモンスペースが、旧くからお住まいの方と新たにお住まいの方の交流の基盤となることを願っています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

北区赤羽台1-5及び2-3
UR住まいのご案内 ヌーヴェル赤羽台
URデザイナーズ物件コレクション
都市デザインポータルサイト

審査委員の評価

1963年に日本住宅公団によって建設された赤羽台団地の建替えプロジェクトである。建設から50年近く経過して、建物が老朽化したこと、家族形態やライフスタイルが大きく変化し当時の平面が適合しなくなったこと、近隣の都市化が進行し、土地の高度利用が求められるようになったことなどを要因として、UR都市機構の建替事業として建て替えが決定された。URは、建築家、ランドスケープデザイナー、照明デザイナーなどの協力を得て、既存の骨格(道路構成)を残しながら、中庭型の建物配置とし、新たに共用施設を加えながら現代的な空間に仕上げている。立て替えにあたっては過去半世紀にわたって培われた成熟したコミュニティを発展させ、名作団地といわれた街の記憶を、途切れることなく将来につなげるようなハード面、ソフト面の取り組みが随所にみられる。

担当審査委員| 難波 和彦   安積 朋子   篠原 聡子   安田 幸一  

ページトップへ