GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

受賞対象名
クラウドフォントサービス [タイプスクウェア]
事業主体名
株式会社モリサワ
分類
産業領域のためのソフトウエア
受賞企業
株式会社モリサワ (大阪府)
受賞番号
12GB20883
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

紙メディアで多く、かつ様々な用途で使用されている書体(フォント)を、Webサイト上でもテキストとして使用できるサービス。これにより、今までは、画像に頼らなければいけなかった様々な書体を自由に使用でき、Webデザイン表現の幅が広がる。

プロデューサー

株式会社モリサワ 常務取締役 森澤 武士

ディレクター

株式会社モリサワ

デザイナー

株式会社モリサワ

詳細情報

http://typesquare.com/

発売
2012年2月22日
価格

16,800 ~ 168,000円 (ベーシックプランS~XLの価格(税込))

販売地域

日本国内向け

問い合せ先

株式会社モリサワ マーケティング部
URL: http://www.morisawa.co.jp/

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

例えばUD書体など、高齢者にもより読みやすい書体をWebサイト表現でも使用できることで、情報伝達に寄与できること。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

Webサイトで、文字を画像としてでなく、テキストとして使用できるので、読み上げ機能との連携もとりやすくなる。また、使用する書体内にはUD(ユニバーサルデザイン)書体もラインアップされているので、情報伝達の対象にも文字選択を考慮することもできる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

なし

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

情報伝達で必須要素である文字を、Webでも紙媒体と同様に使用できることで、伝達表現が豊かになる。また多くの書体を選択し使用できることで、対象者に合わせた情報をより伝えやすくなる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

なし

ユーザー・社会に伝えたいこと

文字文化の未来を、Webを通じて知らせる事で、豊富な文字表現が実現できること。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

TypeSqaureウェブサイト
TypeSquareクラウドフォント・シミュレータ
TypeSqaureウェブサイト

審査委員の評価

印刷分野で準備された多様な文字を、Webでも印刷媒体と同様に使用できるために、クラウドコンピューティングを技術を活用して普及を試みている。この仕組みにより、美しい文字、読みやすい文字、ユニーバーサルデザインを考慮した文字など、これまでWebページで、できなかったことが可能となった。また、画像ではなくテキスト情報であるため、音声読み上げソフトウェアへの対応、検索生の確保、翻訳への対応などの、Webならでのは利点を活用できることも評価できる。今後、このようなシステムが普及することを期待する。

担当審査委員| 柴田 文江   朝倉 重徳   平野 哲行   山崎 和彦  

ページトップへ