GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
オフィスチェア [モーブ]
事業主体名
株式会社イトーキ
分類
事務用品・機器
受賞企業
株式会社イトーキ (東京都)
受賞番号
12GB10742
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

個人席以外のフリーアドレスオフィスやコラボレーションスペースといった新しいワークスペースを実現するマルチパーパスチェアです。新しいワークスペースでは思考モードの変換を促すインテリアが多く計画され、デザインを優先してロッキング機構のないチェアが採用されてきました。モーブチェアは背座一体で一見動かないように見えるデザインですが、背と座が連動してロッキングするので、新しいワークスペースにあうデザインを有しながら、長時間快適な座り心地を実現しています。

プロデューサー

株式会社イトーキ 櫻井 多弥男

ディレクター

株式会社イトーキ 小西 喜久、臼本 浩人

デザイナー

ジェフ ミラー

詳細情報

http://www.itoki.jp/

発売
2011年12月
価格

57,750 ~ 78,750円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

回収したバッテリーケースから再生したポリプロピレンを100%使用した部品を、機構カバーやレバーなど一部のパーツに使用しています。また樹脂パーツには材質名を表示し、廃棄時の素材分別・リサイクルがしやすく、使用者にも消耗品のキャスターなどの取替え、交換ができるので、製品自体が長く使え、廃棄物の減量に貢献します。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

不特定多数のワーカーが使用するので、体重差の影響の少ないロッキング機構を採用し、誰もが快適に座ることができます。また肘が標準装備されており、立ち座りのしやすさを目指しました。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

合理的で機能的なオフィス製品が多い中、背座一体のデザインながらロッキング機構があり座り心地の良いチェアは新しいワークスペースを演出するのに最適です。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

近年、企業競争力を高めるためのクリエイティブオフィス推進運動では、個人席以外の思考のモードチェンジできる場が重要とされています。それら新しいワークスペース向けの商品を発表することで、クリエイティブオフィス推進運動の後押しに貢献したいと考えています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

回収したバッテリーケースから再生したポリプロピレンを100%使用した部品を、機構カバーやレバーなど、一部のパーツに使用しています。また樹脂パーツには材質名を表示し、廃棄時の素材分別・リサイクルがしやすく、使用者にも消耗品のキャスターなどの取替え、交換ができるので、製品自体が長く使え、廃棄物の減量に貢献します。

ユーザー・社会に伝えたいこと

忙しくビジネスで飛び回っておられる方が、ミーティングのときや、ちょっとした執務の際にこのチェアに「座る」ということで、やわらかく優しい、ラウンジにいるような雰囲気でリラックスしていただきながら、ほっとしてください。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社イトーキ ショールーム

審査委員の評価

オフィスチェアーとしての機能性を担保しながら、機構部分の仕上げややさしく家具的な雰囲気が感じられるところが魅力のデザイン。稼働部の処理も丁寧で好感がもてる。

担当審査委員| 柴田 文江   朝倉 重徳   平野 哲行   山崎 和彦  

ページトップへ