GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ホームエネルギーマネジメントシステム [Panasonic AiSEG]
事業主体名
パナソニック株式会社
分類
生活支援のためのサービス・システム
受賞企業
パナソニック株式会社 (大阪府)
受賞番号
12GA30730
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

・家中の電力を賢く効率的にマネジメントすることで、エコと快適が両立した生活を実現する、AiSEGを中心としたホームエネルギーマネジメントシステム。・AiSEGが様々な機器や設備につながって、家中のエネルギー情報を収集分析し、TVやPC、スマートフォン、タブレットを通して見える化。更に電力状況に応じて機器を最適な状態に制御する。・生活者に負担の少ない快適な省エネ生活を実現し、かつ分かり易いエネルギーの見える化によって、生活者の能動的な環境貢献も促す。各家庭での精度の高い省エネが、日本の電力不足の解消、地球温暖化の防止に貢献する。

プロデューサー

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 エナジーシステム事業グループ システム機器BU 加藤達也

ディレクター

パナソニック株式会社 デザインカンパニー エコソリューションズデザインセンター ES第3開発グループ 廉野剛

デザイナー

パナソニック株式会社 エナジーシステム事業グループ 八手又猛/まるごとソリューションズ本部 岡村晶子、野村仁志/デザインカンパニー ES第3開発グループ 赤松かほる、林祐太朗

詳細情報

http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/aiseg

発売予定
2012年10月21日
価格

107,000円 (AiSEGと計測ユニットのセット(税抜価格))

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

・家まるごと一括管理する精度の高いエネルギーマネジメントを実現させることで、電力不足の解消やCO2排出量削減を目指した。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

・省エネでありながらも、生活者に負担の少ない快適な生活を提供する。・生活者がよりエコを実感しやすいような、エネルギー情報の分かり易い見える化。・家のいたるところにある様々な家電や設備を、一箇所でまるごと管理、制御できる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

・電力を賢くマネジメントすることでエコと快適の両立を実現。・エネルギー状態を日常的に分かり易いカタチで見える化することで、家族全員の能動的な環境貢献、エコ参画を促す。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

・家電をネットワークでつないで制御する技術を採用したことで、省エネ機器全般の開発を後押ししている。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

・各家庭での精度の高いエネルギーマネジメントが、日本の電力不足の解消と地球温暖化の防止に貢献。

ユーザー・社会に伝えたいこと

このシステムでは、家庭内での精度の高いエネルギーマネジメントによって、生活者が普段省エネ生活に感じていた負担や我慢を解消し、エコと快適な生活を両立することを目指した。また電力状況の分かり易い見える化によって、日常的にエコやお得感が実感しやすくなっている。生活者がよりポジティブな気持ちで省エネライフを楽しむことに貢献したい。

審査委員の評価

3.11以降、ハウスメーカーだけでなく、他業種においても、創エネ、省エネ、蓄エネを統合したHEMS(Home Energy Management System)が開発されている。この製品は、これまで多種多様な家電設備を別々に生産してきたメーカーを統合し、自社の製品だけをネットワークすることによって、いわばクローズド・システムとして総合的なHEMSを実現しようしようとする野心的な試みである。HEMSが自社製品だけで実現できれば、ネットワークのインターフェースがきわめて容易になり、メンテナンスの信頼性が高まる点が期待できる。

担当審査委員| 難波 和彦   安積 朋子   篠原 聡子   安田 幸一  

ページトップへ