GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
Webアプリケーション [NHK映像マップ みちしる]
事業主体名
日本放送協会
分類
生活領域のためのメディア
受賞企業
日本放送協会 (東京都)
受賞番号
12GA20715
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「NHK映像マップみちしる」は、「新日本風土記」などの番組やNHKが保存している歴史的映像から厳選した“日本の映像”を、インターネットを介して視聴できる動画配信サービスです。TOPページの地図には動画の撮影地をマッピングしており、日本各地の動画を地図から探すことができます。また、見たいクリップ動画を、都道府県、ジャンルから探すこともできます。動画の本数は、最初410本からスタートし、その後徐々に増え、現在約1800本です。将来的には日本地図を動画で埋めたインターネット上の映像百科を目指します。

プロデューサー

日本放送協会 知財展開センター アーカイブス部副部長 宮本 聖二

ディレクター

株式会社NHKメディアテクノロジー 放送技術本部 デジタル事業部 テクニカル・マネージャー 有田 浩一郎

デザイナー

株式会社スタイルメント 代表取締役 クリエイティブディレクター 野村 太郎、取締役 アートディレクター 竹元 真亮、デザイナー 徳増 勇太

詳細情報

http://www.nhk.or.jp/michi/

利用開始
2011年7月27日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

このサイトは、日本の伝統、自然、文化を映像で人々の心にとどめていただこうというものです。こうした映像コンテンツを見ることで、かけがえのない自然、長い年月をかけて練り上げられた伝統、文化の大切さに思いを馳せることになります。こうしたコンテンツが「持続可能な社会」を考えるきっかけとなることでしょう。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

普段の生活では目にすることのできない場所や風俗を、地図の中からピックアップして実際の映像とともに見ることができます。また、地域映像に対し自由に投稿やコメントができる機能が、ユーザー同士の主体的なコミュニケーションを生み出します。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

日本各地の生活や文化、風景に触れられる仕掛けがユーザーの興味を喚起し、ひいては旅への誘いとなるなど、日々の生活では経験できない新たな行動を促します。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

日本各地の映像を地図上に配置することで、各地域をより身近に感じられる仕組みを構築しました。地域産業や観光産業の発展に向けて、ユーザーとの橋渡しの役割を果たします。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

「みちしる」は、NHKが収録してきた1700本超の地域映像を配信するサイトです。その一本一本に、日本全国の歴史や文化、風習などを伝える映像が収められています。これらの貴重な記録を、日本地図と組み合わせて自在に検索・閲覧できるため、学校教育の現場でも多角的かつ視覚的に活用可能です。

ユーザー・社会に伝えたいこと

「NHK映像マップみちしる」は、日本の伝統、文化、自然など様々なジャンルの映像を、地図を使って自由自在に探し出し、見ることができます。故郷について知る、未知の土地をサイト上で旅する、旅先の情報を見つける、皆さまの目的に合わせて楽しんでください。そして、ぜひ「日本」を再発見してほしいと思います。

審査委員の評価

「NHK映像マップみちしる」の最大の特徴はコンテンツが充実していることである。NHKが所有する豊富で質の高い映像を、インターネットを介して広く一般ユーザーに公開していくこと自体に意味があると考える。またそれらの映像と位置情報を結びつけた点もユーザーにとっての高い興味を抱かせる要因になっている。今後はアーカイブを充実させるとともに、インターフェースをより充実させることによって、映像アーカイブサイトとして進化していくことを期待する。

担当審査委員| 中谷 日出   田川 欣哉   中村 勇吾   宮崎 光弘   暦本 純一  

ページトップへ