GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
Webサイト [TOSHIBA BATON]
事業主体名
株式会社東芝
分類
生活領域のためのメディア
受賞企業
株式会社東芝 (東京都)
受賞番号
12GA20716
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

東芝の環境活動をアピールする写真投稿サイト。世界中の東芝社員がリレー走者となり「バトン:環境への想い」をつないでいくことで東芝グループとしての一体感醸成や、環境活動に対するモチベーション向上を狙うと同時に、広く一般に対してグローバルに活動する環境先進企業としての認知向上を狙う。投稿に連動してランナーのグラフィックがバトンをつなぎ、投稿数に応じて走行距離が増える。一定距離を超えるとリアルなイベントに連携する。Facebookと連動させることで従業員以外への話題拡散も狙う。

プロデューサー

株式会社東芝 環境推進部 部長 實平 喜好

ディレクター

株式会社東芝 環境推進部 海外統括担当 グループ長 佐々木智子/海外統括担当 落合 由美/デザインセンター UX・Webデザイン推進担当 對馬委佐子

デザイナー

株式会社ラナエクストラクティブ クリエイティブディレクター 太田 伸志/テクニカルディレクター 杉山 裕之/デザイナー 岡本 斎章

詳細情報

http://toshibaton.com/

利用開始
2012年6月4日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

本コンテンツそのものがサスティナブル社会の実現に向けた施策です。東芝従業員の「バトン:環境への思い」をつなぐことで東芝環境活動を活性化し、サスティナブル社会を実現するものと考える。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

投稿写真閲覧やアーカイブでの検索性など、直感的なインターフェースによる操作性を提供。投稿画面も、バイリンガル表示と同時に、何ができるかのシンプルな説明ページで、アクセシビリティの向上を図った。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

写真という形態で気軽に簡単に環境に対する考えが投稿ができ、ワールドワイドで情報共有することができる。また、東芝としての連帯感を感じることができる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

世界各地の従業員の意識から課題を発見し、商品や事業に反映することで産業に貢献。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

facebookと連動させることで、生活者視点での環境意識が高まり、ユーザ同士の交流が始まることに期待。

ユーザー・社会に伝えたいこと

環境活動は個人の「気づき」とそこから派生する「動き」が重要です。このコンテンツが「気づき」を促し、東芝としての新しい「動き」を生み、社会に還元されることを期待しています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

TOSHIBA SPECIAL PROJECT “TOSHIBA BATON”

審査委員の評価

ユーザー同士がバトンを手渡していく感覚が楽しく表現されており、かつ解りやすさ使いやすさの面でも良いバランスを保っている。全体的な質の高さを感じる。参加ユーザーが社員のみであるということがクローズドな印象を受ける、という意見もありましたが、グローバルに広がっていく企業において、こういったインナー向けの企画を積極的に行っていくことは、むしろ今後強く求められていきそうな新しい試みなのではないかと思う。

担当審査委員| 中谷 日出   田川 欣哉   中村 勇吾   宮崎 光弘   暦本 純一  

ページトップへ