GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
燃料電池コージェネレーションシステム [エネファーム type S 192-AS01型+136-CF03型]
事業主体名
大阪ガス株式会社・アイシン精機株式会社・株式会社長府製作所
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
大阪ガス株式会社 (大阪府)
受賞番号
12GA10516
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

システムは、発電ユニットと排熱利用給湯暖房ユニットから構成されます。発電ユニットでは、電気を発生させるセルスタックの電解質にセラミックスを使用し、作動温度は700〜750度です。この熱を都市ガスから水素への改質を促進するエネルギーに利用し、46.5%という家庭用として世界最高水準の発電効率を実現しました。排熱利用給湯暖房ユニットでは、発電時に発生する高温排熱を最適利用する貯湯タンクを備え、総合エネルギー効率90.0%を実現。タンク内にお湯がない場合に利用するバックアップボイラーには潜熱回収型の高効率給湯暖房機を導入しています。これらにより高い環境性と経済性を実現しています。

プロデューサー

大阪ガス株式会社 取締役 常務執行役員 リビング事業部長 本荘武宏

ディレクター

大阪ガス株式会社 SOFC開発チーム 栢原義孝、岩田伸/販売企画チーム 棚倉悠平+株式会社デプロ・インターナショナル・アソシエイツ 高尾茂行

デザイナー

株式会社デプロ・インターナショナル・アソシエイツ 山本圭四郎、井上悠生

詳細情報

http://www.osakagas.co.jp/company/press/pr_2012/1196121_5712.html

発売
2012年4月27日
価格

2,751,000円

販売地域

日本国内向け

設置場所

近畿2府4件の大阪ガス都市ガス供給エリアおよびその近隣の都市ガスエリア

問い合せ先

大阪ガス株式会社 商品技術開発部

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

現在の家庭用燃料電池は、化石燃料の使用を最小限にする環境効果があるとともに、将来の水素社会への礎でもあります。そのため、普及率を増やし、より多くのご家庭で使っていただくために、家族構成、住居形態など多様な生活パターンでも省エネルギーを実現できるよう、効率向上を追及しました。また、コンパクトでかつ最適な貯湯タンク量の選定など、設置に必要なスペースを最小限にするように取り組みました。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

フロント排熱タイプの採用はメンテナンス性が向上する一方で、不変的かつ無骨なガラリディテ—ルをもつ箱形筐体でした。住宅外観に調和するデザイン処理として、新たな色彩計画やガラリ部をランダムなパターンに見せるデザイン処理を導入し屋外設置時での安全性を配慮した、スムーズなコーナーカットデザインを採用しました。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

奥行きを大幅に削減したスリム筐体を実現することで、新たにマンションのテラスなど設置シーンが広がります。どのような場所におかれても唐突に見えず、自然な印象を与える様、両システムのデザインに一体感を与えました。さらに、デッドスペースを軽減する従来比59%のタイトなボディデザインと側面を薄く見せる工夫により、スペースの限りがある場所でも圧迫感を与えない佇まいを実現しました。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

部品点数や排熱量の削減による小型化と、住宅調和を考えたデザイン配慮によって、幅広い世帯に購入を検討するきっかけをご提供できます。結果的にSOFC設置の家庭が増える事により、夏場などのピーク電力需要の緩和に効果を発揮すると考えられます。これからの環境変化に備えた省エネ効率の高い製品を実現しました。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

エネルギー問題への真摯な取り組みが必要とされている現在、各家庭での対策がとても重要になってきました。省スペースで世界最高水準の発電効率を謳う当SOFCは、より狭い敷地での設置を可能とし、住宅事情の悪い日本にとって、少しでも多くの家庭で省エネが実現できるようデザインされたシステムです。

ユーザー・社会に伝えたいこと

これまで一般的には消費していく一方だった居住環境におけるエネルギー関連機器について一人一人が意識的に選択し決定していく時代が来ています。本製品は継続的なメンテナンス性の高さを損なわずに、住宅の外観との親和性を両立した、これまでにない先進のスマートハウスにふさわしいデザインを実現しています。すべての人々、また世界にとって、サスティナブルな社会発展を実現するより良い選択の手助けに成れば幸いです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

販売初年度で生産台数が限られているなか多数のご予約を頂戴し、現在ご購入を承ることができない状態です。
エネファーム商品紹介

審査委員の評価

フロント排熱タイプは無骨なガラリディテ—ルが問題であった。本対象は住宅外観に調和するためのデザイン向上策として、2トーンカラーやガラリ部のデザイン処理、コーナーのカットデザインなど新しい試みをおこなっている。また、奥行きを大幅に削減したスリム筐体を実現することで、圧迫感の軽減と共に、新たにマンションのテラスなどの設置に対応できる可能性を生んでいる。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   川上 元美   髙尾 茂行   橋田 規子  

ページトップへ