GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
LEDシーリングライト [LEDシーリングライト]
事業主体名
東芝ライテック株式会社
分類
住宅・住宅設備
受賞企業
東芝ライテック株式会社 (神奈川県)
受賞番号
12GA10467
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

カタチも光も美しさを追求した、スタイリッシュなLEDシーリングライト。洗練された薄形フラット形状と、美しく光る「全面スクエア導光パネル」がインテリアに美しく調和する。「間接光機能」搭載により、お部屋の広さ感をアップさせる「ひろがり」モードをはじめ、「くつろぎ」モード、「シアター」モードなど暮らしのシーンにあわせてリモコンのボタンひとつで簡単に切り替えることが可能。また、照度を自動調整する「楽エコセンサー」により、さらなる省エネ化をはかるとともに、40000時間の長寿命とあわせて高い環境性能を実現。明るさをお好みで調整できる「調光機能」や、電球色から白色まで調節が可能な「調色機能」も搭載。

プロデューサー

東芝ライテック株式会社 照明事業本部 商品企画統括部 市販商品企画担当 杉下直樹

ディレクター

東芝ライテック株式会社 技術本部 技術企画部 デザイン部 部長 松本潤

デザイナー

東芝ライテック株式会社 技術本部 技術企画部 デザイン部 山本淳一郎、吉田和史

詳細情報

http://www.tlt.co.jp/tlt/press_release/p120125/p120125.htm

発売
2012年2月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

住宅

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

LEDシーリングは楽エコセンサーなどにより従来の一般照明から交換するだけで誰もが手軽に省エネ・節電をはかることができる商品であり、住宅の主照明として活用できる本商品は今後より一層のLED照明の普及を促進させるものである。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

40000時間の長寿命とパネル内に虫やホコリの入るすき間がない「LED一体形パネル」構造より、従来のように照明器具のカバーを外しのランプ交換や掃除する手間が省ける。また、使いやすさに配慮したリモコンにより様々な機能を直感的でスムーズな操作ができる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

天井に引掛シーリングがついていれば、電気工事なしで簡単に取付けが可能。リモコンの「楽エコ」ボタンを押すだけで、器具に内蔵したセンサーが室内の明るさを感知、無駄な明るさを自動でカットし誰もが手軽に省エネ・節電をはかることができる。また、間接光・調光・調色機能と組み合わせて、「くつろぎ」「ひろがり」「シアター」といった生活シーンやライフスタイルに合わせた3つのモードにより快適な光空間を提供できる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

震災の影響で電力不足が問題となる等、より一層の省エネ・節電が求められる中で、LED照明の普及を推進することは省エネ面での効果が大きく、産業面からもエネルギー需給の面で貢献できる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

省エネによる電力量削減、長寿命による省メンテ・廃棄物削減。CO2排出削減による地球温暖化防止に貢献。

ユーザー・社会に伝えたいこと

LEDという「先進デバイス」を一般住宅で、より「日常的」に使用するためには、「安心」と「先進」という二つの要素をバランスさせることが重要だと考えた。蛍光灯などの従来光源器具から置き換えても違和感なく安心感のある「シンプルな形状・実用的な明るさと機能」を基本として、一方でLEDならではの「美しい光と薄くフラットな角形デザイン」を追及した。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

家電量販店など
http://www.tlt.co.jp/tlt/press_release/p120125/p120125.htm

審査委員の評価

省エネ、機能が一義的に求められる今日、演色性に未だ不満が残るLEDではあるが、導光板方式による面発光と間接光機能を導入して、圧迫感の無い、薄くフラットなそしてグレアのない全面発光の器具を実現させている。「調光機能」や「調色機能」を導入して光の演出をめざしたリモコン操作により、暮らしのシーンに合わせて光質を切り替えることが可能である。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   川上 元美   髙尾 茂行   橋田 規子  

ページトップへ