GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ゆうら ハイバックロッキングチェア [ゆうら ハイバックロッキングチェア]
事業主体名
市場株式会社
分類
家具・インテリア
受賞企業
市場株式会社 (兵庫県)
受賞番号
12GA10450
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

単に揺れるロッキングチェアとは異なり、大学の教授とともに真のリラックス効果を求め、バイオメカニクスの研究を通じて辿り着いたロッキングチェアです。背もたれを高くすることと、背中に当たるフィット感も大事にしながら、リビング、ダイニングや書斎でもゆっくりく寛ぐことのできるチェアーを目指した。また、高齢者にも気持ちよく使っていただけるよう、立ち上がり時に足腰に負担がかからないように、ロッキングの特性を活かした点も同時に検証、実証されたロッキングチェアーです。

プロデューサー

市場株式会社

ディレクター

市場 博幸

デザイナー

蛯名 紀之

発売
2012年4月1日
価格

180,000円 (受注生産のため納期に日数がかかる場合があります。)

販売地域

日本国内向け

設置場所

市場株式会社 ショールーム

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

昨今、常に言われている高齢化社会ですが、やはりシニア世代が普段の生活のなかでストレスフリーになることで社会全体が活性化するのではないかと考えています。普段の生活での椅子からの立ち上がりに伴う膝・腰の痛みから解放するだけではなく、日本の住空間にマッチするデザインで目にも心にもそして体にもストレス与えないことが一番だと感じています。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

大学教授と共同でバイオメカニクスの視点から、ロッキングチェアを使用したことによるリラックス効果と立ち上がり時に生じる膝や腰への負担がどれくらい軽減されるかということを検証・実証しリラックス効果は高く、身体への負担も大幅に軽減されることが立証された。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

特に高齢者にとって日常の生活における膝・腰の痛みを伴う行動を軽減することは高齢者のストレスを解消することにもつながると同時に、真のリラックスに近づくことになります。さらに、西洋的な家屋が増えてはいるものの、やはり日本の住空間にはどこか日本らしさがあり、そうした空間にもマッチするデザインです。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

日本の木工業は今や斜陽産業であると言われますが、その技術の高さは特筆すべきものがあるのは周知の事実です。そうした技術が最も活かされるのは、本製品のような研究を重ねて繊細な加工を要する製品であり、こうした製品が増えることで、木工業の高い技術力が活かせると同時に、再活性化の可能性もあります。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

高齢化社会に突入し、3人で1人の高齢者を支えなければならないと言われています。そして多くの高齢者は足腰に不安を抱えていることも、すでに明らかになっています。そうした高齢化社会での高齢者の生活で椅子を使用しなければならない場合に、高齢者のストレスを和らげることができるのであれば、今後の日本社会に大きく貢献できると考えています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

家具としてのデザインへのこだわりはもちろんですが、このデザインによる製品化に至った経緯のなかに、デザイナーだけではなく、大学の専門家とともに製品の機能面の検証を行い、さらにエンドユーザーの声も反映させた製品となっています。現在の日本の社会的背景と住空間にマッチするロッキングチェアであると確信できる製品となりました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

市場株式会社 ショールーム

審査委員の評価

特徴的な高い背もたれから流れる美しい曲線、体格の差異を考慮しながら、背中に当たるフィット感に主眼を置き、リビング、ダイニングや書斎でもゆっくりと寛ぐことのできる点に主眼を置いたロッキングチェアーである。特に高齢者の着立座時に、足腰に負担がかからないように配慮され、ロッキングの特性を有している。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   川上 元美   髙尾 茂行   橋田 規子  

ページトップへ