GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
Chairs [Kodikas - Kodi Kanta]
事業主体名
Irvan A Noe'man
分類
家具・インテリア
受賞企業
BD+A Design (Indonesia)
受賞番号
12GA10445
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

a Lean back single chair with a light overall weight and a combination of 2 kinds of wicker pattern is the advantage of this contemporary design furniture. a different wicker pattern is added to create a new kind of outdoor furnishing. It is inspired by the skills and culture of the local hand making rattan products.

プロデューサー

Bohdeline

ディレクター

Irvan A Noe'man

デザイナー

Irvan A Noe'man

詳細情報

http://www.bdadesign.co.id

発売
2012年3月1日
価格

17,500Yen

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

Cirebon

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

Developing the local resources to make a new pattern continuously, base on the world wide design growth。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

This product is inspired by the shape of the human body, The curve that is made on the back rest is to optimize the comfort and sitting proportion . the low leveled height of the seat makes a lean back feeling suitable for an outdoor activities.

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

The urban lifestyle have a big role of design process of the entry, the curve shape, but light gesture suitable to the urban lifestyle nowadays.

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

Contribution the entry to the industry is definitely introducing a new kind of rattan wicker pattern to be released to the market, making a new breakthrough thru rattan furnishing either in gesture nor in wicker pattern.

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

This Product is penetrated between high urban design and efficiency of production that is applied thru the local resources and automatically improving the quality of local individual skill.

ユーザー・社会に伝えたいこと

Designer wanted to show that we can use the local recourses by developing the individual skill to create a new qualified products, by applying base on the world wide design growth, using a synthetic rattan material without reducing its natural value and increasing its needs to the compact urban living lifestyle.

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Jalan Pengambiran No.591 Rawamangun, jakarta Timur

審査委員の評価

ナチュラルな丸籐や皮籐で造られてきた籐家具は、かつてより我国でも多く製造されてきた。その素材や技術を刷新して、近年リゾート等のアウトドア使用を目的に、世界からのデザインを東南アジアで製作するケースが増えてきた。これもメタルパイプにケミカルな籐で編んだ、シンプルで美しいラウンジチェアである。軽快で、掛け心地も良好である。

担当審査委員| 五十嵐 久枝   川上 元美   髙尾 茂行   橋田 規子  

ページトップへ