GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ラジオ [無印良品 ソーラーラジオ]
事業主体名
株式会社良品計画
分類
個人・家庭のための情報機器・設備
受賞企業
株式会社良品計画 (東京都)
受賞番号
12GA10374
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ソーラーパネルで発電を行い、内蔵充電池を充電することで、FM/AMの受信が可能なラジオです。USB電源からの充電も可能です。電源:ソーラーパネル/USB+リチウムイオン充電池3。7V300mAh(内蔵) ソーラーパネル:屋外用 動作時間(ボリューム中):FM約7。5時間、AM約7。5時間 ソーラー充電:晴天で約6〜12時間で満充電 USB充電:約2〜3時間 付属品:イヤホン1m(兼アンテナケーブル

プロデューサー

株式会社良品計画 生活雑貨部 エレクトロニクスカテゴリーマネージャー 森岡克哉

デザイナー

株式会社良品計画 生活雑貨部 企画デザイン室 小山裕介

詳細情報

http://www.muji.net

発売
2012年2月
価格

3,900円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

ソーラー充電にする事で、電池の交換がなくなり環境負荷を減らす事ができました。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

ポケットに入れながらでも操作しやすいよう凸型のボタンと使いやすいよう最小限のボタン構成にしています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

電池が無くなって使えなくなる事をソーラー充電にする事でなくしました。また、緊急時にも電池の心配をせず使うことができます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

パーツの簡略化をすることで、生産時の簡易性を実現しています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

ソーラー充電にする事で、電池の交換がなくなり環境負荷を減らす事ができました。

ユーザー・社会に伝えたいこと

ソーラーパネルで発電を行い、内蔵充電池を充電することで、FM/AMの受信が可能なラジオです。USB電源からの充電も可能です。いつでも使うことができるのでもしもの時の情報収集に役立ちます。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国の無印良品店舗
無印良品ネットストア

審査委員の評価

震災後の日本でラジオとは再び特別な意味のあるプロダクトという認識になりつつある。このラジオは普段使いから緊急時まで使えるラジオというコンセプトのもとソーラー部分の処理が無印良品ブランドの持つ余計な力を感じさせない「らしさ」が共感できるデザインがポイントとなっている。また、環境や産業の視点においてもパーツの簡略化、生産時の簡易性を配慮したデザインが無駄の無い顔立ちを構築させており、誰もが使えるデザインに仕上がっていることを評価する。しかし、一点言うのならば価格の割にボタン周り、端子部分のディテールの処理にもう少し気を配って欲しかったところは今後に期待したい。

担当審査委員| ムラタ・チアキ   安次富 隆   田子 學   松井 龍哉   渡辺 弘明   渡邉 誠  

ページトップへ