GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
グラス [生涯を添い遂げるグラス タンブラーグラス]
事業主体名
株式会社ワイヤードビーンズ
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
株式会社ワイヤードビーンズ (Japan)
受賞番号
12GA10226
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ガラスコップの市場において、機械生産の安物と高級ブランド品の2極化が顕著である中、そのどちらでもない消費者が本当に欲しいモノ、生涯愛着を持って使ってもらえる魅力ある定番商品の開発 1 東京都から伝統工芸士章を授受している地場の老舗ガラスメーカーによる職人の技 2 機能を満たし、手づくりの味わいを引き出し、感性に響く魅力ある「かたち」 3 割れて当然のガラス製品に生涯補償(条件付き)を付加した責任ある販売

プロデューサー

株式会社ワイヤードビーンズ 代表取締役 三輪 寛

ディレクター

GKインダストリアルデザイン 朝倉重徳

デザイナー

GKインダストリアルデザイン 朝倉重徳

詳細情報

http://wiredglass.jp

発売予定
2012年10月1日
価格

3,000 ~ 5,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

モノ(グラス)と消費者と職人の関係を生涯持続させる新しい試み。割れたら破片を箱に入れて送ると、新品に交換する生涯補償のシステムにより、破片は新しくグラスの原料として再生され、消費者はグラスを通して職人とも生涯の関係を持ち続けられることになる。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

心地よいフィット感、安心ホールド、飲み物を美味しく感じさせる口の角度や薄さ

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

高級ブランド品と「安かろう悪かろう製品」の二極化のなかで、永く愛着を持って使い続けられる普遍的で魅力あふれるグラスの提供

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

職人の技の継承と国内地場産業の活性化

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

生涯補償は、材料であるガラスの再生という環境への配慮だけでなく、ユーザーにとってグラスとも職人とも生涯の関係を持ち続けることで、モノを大切に思う気持ちにつながる。

ユーザー・社会に伝えたいこと

今、国内市場では海外などで生産される、安価だがそれなりに質も悪い製品が多く氾濫しています。この中で長く生活してきた私たちは状況に麻痺し、道具が壊れても何も感じなくなってしまいました。しかし、心のどこかでは、何か間違っていることに気づいているはずです。消費者には本当に欲しいモノ、生涯愛着を持って使ってもらえる魅力あるモノを感じて、そして使って欲しいと思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ネットショップ、百貨店、雑貨店
Wired Beans - 日本のものづくり
生涯を添い遂げるグラス - ホームページ
生涯を添い遂げるグラス - ネットショップ

審査委員の評価

伝統工芸士を授受している地場の老舗ガラスメーカーの職人のクラフトマンシップとデザイナーの感性が見事に調和して実現したグラスである。安心感のあるホールド性や、どんな飲み物にも合う癖の無い造形など、ガラス素材の特性を活かし、普遍的で美しいかたちを生み出している。また生涯補償を付加し、サステナブルとしても責任感が強く、伝統技術の継承や地場産業の活性化の貢献にも多いに期待できる。

担当審査委員| 和田 達也   岩崎 一郎   後藤 禎祐   佐々木 千穂  

ページトップへ