GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
フィルム付箋 [ココフセン・カード]
事業主体名
株式会社カンミ堂
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
株式会社カンミ堂 (東京都)
受賞番号
12GA10138
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

“常にふせんがそばにある状態をつくる”がコンセプトの、ココフセンシリーズ新商品です。今回の形状はカード型。日常生活において、消費者の身の回りにはクレジットカードはじめ何らかの「カード」が存在します。それら日常生活で使うカードの一枚として、ココフセン・カードも「そばにかならずあるもの」という認識で所持、使用できる商品です。コンパクトなカードサイズなので、身の回りのカードが入る場所に収まり、使いたいときすぐに取り出せる、携帯性に優れたフィルムふせんです。

プロデューサー

株式会社カンミ堂 代表取締役 末永 卓

ディレクター

末永 卓、佐原 麻由実

デザイナー

佐原 麻由実

詳細情報

http://www.kanmido.co.jp/product/cocofusen/index.html

発売
2012年4月20日
価格

525 ~ 609円 (ふせん105枚入が525円、ふせん210枚入が609円)

販売地域

日本国内向け

設置場所

ロフト、東急ハンズ、伊東屋など量販店、また全国の文具専門店

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

無駄をなくすことを念頭に、開発、素材の選定などを行いました。ふせんがなくなった際は、補充用の専用ふせんをチャージ(補充)することで、カードは繰り返し使うことが可能です。カードやフィルムふせんの素材についても、有害物質を含まないものを使用するなど、将来に負担の少ない開発を心がけました。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

ユーザーが、“ふせんを使いたい”と感じる場面で、無意識にふせんを取り出すことが出来ます。ココフセンは、ユーザーの頭の中で『ふせん定位置』が決まるので、“ふせんはどこ?”と探さなくなります。無駄な時間を省き、ストレスなくふせんを使える環境が身の回りで出来あがります。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

日常生活の中で「ひらめき」や「発見」は、突然やってきます。ココフセンカードは“ふせんが必要!”というその一瞬を逃しません。デスク周りでも外出先でも、ふせんをさっと取り出しすぐに使うことができます。また、フィルムふせんですが、表面の特殊加工により書き心地も抜群。マーカーとしてだけでなく、メモ用としても使えるフィルムふせんです。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

ココフセンカードは、作成にあたり多くの仕入先と協力して開発、製造しました。資材の調達から現場での加工まで、それぞれの分野のプロが知恵を出し合い、日本ならではの繊細かつ高度な技術が折り重なり完成した商品です。様々な分野の企業様にご協力頂くことで、産業の活性化に貢献出来ていると考えています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

ココフセンカードと同時発売の、ココフセンチャージという補充用ふせんがあります。チャージ(補充)することで、カードは捨てずに繰り返し使うことができます。フィルムふせんの素材はOPP(延伸ポリプロピレン)なので、塩素を含まず、焼却時にも有毒なダイオキシンを発生させません。繰り返し使える点や、廃棄時のことまで考えた商品です。

ユーザー・社会に伝えたいこと

「便利」を「普通」にすることが出来ればと考えています。日常生活において「ふせん」と「カード」は、共に身近なものです。その二つをココフセンカードは一つにしました。身近なもの同士を一つにすることで、“意識せずに使ってもらえる”存在になれればと思います。そして、本当に便利なものとして役に立ち、日常生活の中で「当たり前のもの」となることが、商品が社会貢献出来る要素だと思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ロフト、東急ハンズ、伊東屋などの量販店や全国の文房具専門店
伊東屋
東急ハンズ
ロフト

審査委員の評価

付箋は、ビジネスの現場だけでなく、生活のあらゆるシーンで多用されるようになってきている。しかし、付箋はマッスが思いの外大きく、バッグやポケットに入れて置くと、ばらばらになって収まりが悪い。このカード型の付箋は、タイトな携行型の使用空間の中にコンパクトに収まる優れものである。補充用の付箋がチャージできることもありがたい。

担当審査委員| 澄川 伸一   左合 ひとみ   須藤 玲子   蓮見 孝  

ページトップへ