GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
自然蒸散式虫よけ剤 [虫よけバリア ブラック アミ戸にピタッ!]
事業主体名
フマキラー株式会社
分類
家庭用品・機器・設備
受賞企業
フマキラー株式会社 (東京都)
受賞番号
12GA10194
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

アミ戸に貼るだけで長期間イヤな虫を寄せつけない簡単虫よけ。有効成分を効率的に蒸散できる大型サイズ。黒色ネットが太陽光を吸収して温度が上昇することで、さらに蒸散量がアップし虫よけ効果95%を実現。曇り空や日陰など、直射日光が当たらない場合でも、太陽が出ている間は散乱した光を吸収し、虫よけ効果がアップする。また、取替え時期がひと目でわかるインジケータつき。

プロデューサー

フマキラー株式会社 開発本部 本部長 杉山隆史

ディレクター

フマキラー株式会社 開発研究部 課長 山本和則

デザイナー

クラウドデザイン 三浦秀彦+株式会社ハル・アド

詳細情報

http://www.fumakilla.co.jp/products/insect/-200.html

発売
2012年3月1日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

地球にやさしい鉄道貨物輸送を一定以上利用することで、2012年に「虫よけバリア」シリーズとしてエコレールマークを取得。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

アミ戸に貼るだけの簡単な作業で長期間効力を得られる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

身近な自然の力である太陽光を利用して効力を向上させている。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

生活者の視点に立ち、独自の切り口で新たな価値を創造している。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

窓辺という環境を活かし、太陽光の力を利用して効力を向上させている。

ユーザー・社会に伝えたいこと

商品の特徴を解釈して、かたちにすることを心がけました。

審査委員の評価

夏場の虫除けはなかなか難しい課題だが、網戸にさりげなく取り付けただけで虫の侵入を水際阻止できるものがあればありがたい。効果的な蒸散に工夫を凝らし、なまじかたちを主張し過ぎることなく、あくまでも脇役のデバイスに徹しているところが好ましい。

担当審査委員| 澄川 伸一   左合 ひとみ   須藤 玲子   蓮見 孝  

ページトップへ