GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|ロングライフデザイン賞

受賞対象名
トレーニングカップシステム [マグマグ]
事業主体名
ピジョン株式会社
分類
グッドデザイン・ロングライフデザイン賞
受賞企業
ピジョン株式会社 (東京都)
受賞番号
12L001114
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

マグマグは、お子さまがひとりで持って飲み物を飲むことを目的としたシステムカップです。哺乳びんと共用の乳首から、スパウト、コップ、ストローとお子さまの成長に合わせて飲み口を段階的に変えていくことにより、2,3ヵ月から4,5才まで継続的に使うことができます。哺乳びんといえば医療器具のイメージが強かった当時、動物のイラストを加えるなど育児に楽しさを演出することをコンセプトに開発がスタートしました。そして、1982年、他社に先駆けて発売されたマグマグは、離乳用システムカップという新しい市場を確立し、今日では育児用品の定番アイテムとなりました。マグマグは、2012年、発売30周年の節目を迎えます。

プロデューサー

ピジョン株式会社 開発本部 商品開発部 田島和幸

ディレクター

ピジョン株式会社 開発本部 商品開発部 開発1G 上原弘之

デザイナー

ピジョン株式会社 開発本部 商品開発部 開発1G 新井啓介

詳細情報

http://pigeon.info/products/

発売
1982年4月5日
価格

1,260円 (各カップ(ベビー/スパウト/トレーニングコップ/ストロー)※2012年7月現在)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

少子化という問題を抱える現代において、製品を通して、「ママになりたい」と思える社会をつくっていくことがピジョンの使命と考えています。それを実現するため、家族の方の負担を取り除いてあげるためには何ができるのかという点はもちろん、いかに楽しい育児シーンを提供することができるのかも考え、開発を行っています。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

徹底的に赤ちゃんを研究して成長発達の情報を収集し、その時々の月齢による特徴をつかんだ上で、製品形状やサイズなどの設計に反映させています。フタの位置や部品形状など、安全に使えることがなにより大事な赤ちゃんのための製品であるからこそ、細かいポイントにも注意を払っています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

日々の生活の中で煩雑になりがちな洗浄や消毒の手間を少しでも減らしていくため、形状や部品点数に工夫をしています。例えば、赤ちゃんに合う飲み口形状を採用することで、口からこぼれたり漏れたりする機会を減らし、掃除や洗濯によるパパ・ママのストレスの軽減につなげることができます。育児生活を不安なく過ごせるようにサポートをすることが重要であると考えます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

少子化が進み、国内のベビー用品市場が縮小傾向にある今日だからこそ、既存品の改良を重ね、そして新製品を展開をしていくことが、市場の活性化に繋がると考えます。また、積極的に海外進出を進めることで、30年以上に渡って蓄積された「安全性」や「高品質」といった日本メーカーならでは強みを世界に示し、グローバル市場の活性化にも寄与することができると考えます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

1982年の発売当初からのコンセプトにあるように、マグマグシリーズは飲み口部分を取り替えることで、2,3ヵ月頃から4,5才まで使うことができます。お子さまが扱っても簡単には壊れない設計になっていたり、使っていく中でどうしても劣化してしまうストローやパッキンなどの部品については替えパーツとして商品提供を行なっていたりと、ひとつの商品を長い間お使いいただくための工夫を施しています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

マグマグは、お子さまの成長に合わせて飲み物を飲むトレーニングができる製品です。育児中に抱える悩みは尽きないと思いますが、そのお困りごとを少しでも軽減し、楽しい育児ライフを提供できるようにと、マグマグは30年以上に渡って研究と開発を続けて参りました。お子さまの健やかな成長とそれを見守る家族と社会が豊かで幸せに満たされることを祈りながら、これからもピジョンはより良い製品作りを目指していきます。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ベビー用品専門店、ドラッグストア
ピジョンモール

審査委員の評価

担当審査委員| 川上 元美   山本 秀夫  

ページトップへ