GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2012

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
血圧計 [オムロン 手首式血圧計 HEM-6310F/6300F/6220/6210]
事業主体名
オムロン ヘルスケア株式会社
分類
個人用品、育児・介護用品
受賞企業
オムロン ヘルスケア株式会社 (京都府)
受賞番号
12GA10056
受賞概要
2012年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

これまでの血圧計のイメージを覆す革新的なデザインとコンパクトな本体を実現した、世界最薄・最軽量の手首式血圧計。週ごとの血圧の変化が一目でわかる血圧値トレンド表示や、正確な血圧測定に欠かせない正しい測定姿勢に導く測定姿勢ガイド機能を搭載し、毎日の正しい血圧測定と健康管理をサポートする。測定中の不快な加圧音を極限まで抑えたサイレント測定の実現により、周囲を気にせず、いつでもどこでも測定できる。測定した記録をウェブに転送することで、自社の健康管理サービス「ウェルネスリンク」で血圧の変化をグラフでみたり、血圧手帳を自動で作成したりすることもできる。

プロデューサー

オムロン ヘルスケア株式会社 商品開発統轄部 統括部長 田中 孝英

ディレクター

オムロン ヘルスケア株式会社 商品企画統轄部 デザインコミュニケーション部 部長 小池 禎

デザイナー

柴田文江 (デザインスタジオエス 代表)

発売予定
2012年9月3日
価格

5,980 ~ 9,980円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

・RoHS指令に対応し、生産から処分までのすべての段階で、環境や人の健康に及ぼす危険を最小化した。・本体のコンパクト化、軽量化により輸送時の二酸化炭素排出量を削減した。・材料の一部に樹脂の再生材を使用し環境への負荷を軽減した。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

収納性、携帯性に優れた世界最薄・最軽量の本体と、周囲を気にせず測れるサイレント測定の実現により、いつでも体調や心理状態、周囲の環境によって刻々と変化する血圧を測定し、その時の自分の状態を把握することができる。装着方法、インターフェイス、クイックガイドの大幅な改善により、正確な血圧測定に欠かせない正しい測定姿勢が無理なくとれる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

これまで家の中での使用が中心であった血圧計をよりアクティブな機器へと進化させ、日常の生活の中での使用シーンを拡げることで、血圧測定を通じた健康管理をより身近なものにすることができる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

手首式血圧計の使用シーンを拡げ、これまでにない新しいイメージを提案することで、国内はもちろん、欧米や中国、新興国など、グローバルレベルでの医療機器産業を活性化することができる。国内においては自社の健康管理ウェブサービスである「ウェルネスリンク」との連動により、健康サービス産業の活性化も期待できる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

家庭における血圧管理で高血圧治療をサポートするというこれまでの家庭向け血圧計の役割に加え、健康管理を目的としたユーザーが生活習慣を改善し、健康を維持・増進して高血圧を予防することで、社会全体としての健康レベルを上げることができる。

ユーザー・社会に伝えたいこと

近年、予防医療という観点からも、血圧を測定することがますます重要になってきている。今回、手首式血圧計を、さらにコンパクトで軽量な設計へと進化させ、より多くの方を正しい測定姿勢に導く測定姿勢ガイドや周囲を気にせず測れるサイレント測定を実現したことで、より手軽に正確に血圧を測定できるようになり、普及への大きな効果が期待できる。革新的なデザインがそれをさらに加速することを強く願う。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

家電量販店
ウェルネスリンク

審査委員の評価

薄型軽量の手首式血圧計。携帯用の血圧計は多くあるが、世界最薄、最軽量であることをまず評価したい。一般的な「腕」測定に比べ、そことなく信頼感に欠ける「手首」測定器が、いかなる方法で正確さと安心感を獲得するか、大きな命題であったと思う。装着方法、インターフェイスの改善によって、結果的に測定姿勢の不備による精度低下が解消されれば、デザインの成果である。Web管理システムとの連携も評価したい。

担当審査委員| 戸谷 毅史   川島 蓉子   サイトウマコト   廣田 尚子   山田 晃三  

ページトップへ