GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|ロングライフデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
オフィスチェア [アーロンチェア]
事業主体名
ハーマンミラージャパン株式会社
分類
グッドデザイン・ロングライフデザイン賞
受賞企業
ハーマンミラージャパン株式会社 (東京都)
受賞番号
11L01016
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

1994年に世界で初めてメッシュ素材をワークチェアに取り入れ、世界中で300万人以上の愛用者がいる高機能ワークチェア。前掲姿勢からリクライニング姿勢までの一連の動きを適切にサポートするチルト機構や、背中や腰に負担をかけないように骨盤をサポートする機能、長時間の使用でも快適性を提供するメッシュ素材、世界中の人々に最良の座り心地を提供するために、各種調節機能の他、3サイズの展開などが特長。

プロデューサー

ハーマンミラー

ディレクター

ハーマンミラー

デザイナー

ビル・スタンフ、ドン・チャドウィック

詳細情報

http://www.hermanmiller.co.jp/product/aeron.html

発売
1995年1月1日
価格

131,250 ~ 211,050円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

再生素材を53%使用し、製品の寿命が終わった後は94%リサイクル可能な素材で製造されている。マクダナー・ブラウンガート・デザイン・ケミストリー(MBDC)が提唱する「ゆりかごからゆりかごへ(Cradle to Cradle)」のシルバーを取得。また、末永くお使いいただけるよう12年間の品質保証を設定している。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

人体の運動理論に即して設計された前傾姿勢からリクライニング姿勢までの一連の動きをサポートする「キネマットチルト機構」や、背中や腰部の負担を軽減する「ポスチャーフィット機能」、長時間快適に座ることができる独自のメッシュ素材「ペリクル」が特長。また、世界中の人々に最良の座り心地を適用するために、各種調節機能がつく他、他のワークチェアにはない3つのサイズをもつ。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

働き方やライフスタイルが変化し、オフィスだけでなく、家庭でもコンピュータに向かって長時間座ることが増えてきている今、身体への負担を軽減する優れたデザインの高機能ワークチェアが必要とされてきている。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

1994年に世界で初めてメッシュ素材をワークチェアに取り入れた画期的なアーロンチェアは、未だに高機能ワークチェアの象徴的存在である。アーロンチェアが世に出たことにより、ワークチェアの重要性が理解され、高機能ワークチェアの研究・開発が進んだ。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

再生素材を53%使用し、製品の寿命が終わった後は94%リサイクル可能な素材で製造されている。マクダナー・ブラウンガート・デザイン・ケミストリー(MBDC)が提唱する「ゆりかごからゆりかごへ(Cradle to Cradle)」のシルバーを取得。また、末永くお使いいただけるよう12年間の品質保証を設定している。

ユーザー・社会に伝えたいこと

人は今、コンピュータに向かって手と目のみを酷使し、長時間座るようになってきている。様々な体型・体格の人が、身体に負担をかけずに快適に座ることは、現代のワークライフでは大変重要である。それまでのワークチェアの概念を覆す革新的で、かつ発表から17年を経過しても色褪せないアーロンチェアが生まれたのは、座ることによって発生する問題を解決するために、研究・開発を進めた結果である。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国のハーマンミラー正規販売代理店
http://www.hermanmiller.co.jp/find_dealer.html

審査委員の評価

担当審査委員| 川島 蓉子   蓮見 孝   廣田 尚子  

ページトップへ