GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
香台 [硯石]
事業主体名
株式会社澤村製硯
分類
雑貨・生活用品
受賞企業
株式会社澤村製硯 (宮城県)
受賞番号
11G02085
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

硯石を使ったお香台。グラスを置くコースターとしても使うことができます。硯石は二枚貝の化石や泥が沈殿して石になったものです。現在石巻で採れる硯石は2億3千万年前のものとも言われています。加工がしやすくしなやかで強い石巻の硯石は、色も漆黒を長年保つ良質な素材で、東京駅の屋根のプレートにも使われています。

デザイナー

株式会社澤村製硯 澤村文雄

詳細情報

http://www.sawamura-suzuri.co.jp

発売
2010年10月1日
価格

1,365円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

ユーザー・社会に伝えたいこと

硯は古来から文房四宝の王者と言われてきました。筆、紙、墨などと違って硯は何代にもわたって受け継がれていきます。宮城県石巻市雄勝町は全国の90%の生産量を誇ってきました。1985年に国の伝統的工芸品の指定を受けた600年の伝統と技が生きる硯石を使用したクラフト(石工芸品)は記念品、贈答品等に人気の商品です。美しく品格のある硯石を気軽に現代の生活に取り入れてほしいと思っています。

審査委員の評価

600年の伝統と技を誇る硯石工芸だが、今回の震災で工場も家も全て流されてしまったと聞く。なんとも痛ましい限りである。一度失ってしまったものを取り戻すのは、時間軸的にも空間軸的にも、また人間の持つ熱意や想像力的にも、何十倍何百倍のエネルギーが必要である。そう言う中で、この香台は身一つで削りだしたものである。四角と丸という、シンプルなカタチが硯石の美しさを際だたせ、1本の御香が燻じられる時、静謐な時間、沈思する時間、或いは失われた多くの人やものへ祈る時間を私たちに「振る舞い」として促す「静かなカタチ」である。

担当審査委員| 黒川 玲   南雲 勝志   山村 真一  

ページトップへ