GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
パソコンソフト [らくらくウォーキング日記]
事業主体名
富士通株式会社
分類
ソフトウェアのデザイン
受賞企業
富士通株式会社 (神奈川県)
受賞番号
11G13025
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

らくらくホンで収集した歩数・活動量データや写真データをらくらくパソコンに取り込むことで、日々のウォーキングデータが自動で日記になるソフトウェアです。歩数・距離・消費カロリー・活動量の変化等が日・月・年単位のグラフに表現され、毎日の活動量を一目で確認、健康管理に役立ちます。取り込んだ写真は撮影時間に合わせてグラフに並びますので、散歩の楽しみを再発見できるほか、その日あったことを自由記入欄に追記すれば、さらに詳しい日記にも。お散歩と写真が大好きなシニアのお客様に、健康的で新しい楽しみをご提供します。個別に専門家の健康アドバイスを受けられる「からだライフ」(ネットサービス)にもかんたん登録。

プロデューサー

富士通株式会社 パーソナルビジネス本部 PC事業部 事業部長 樋口久道

ディレクター

富士通デザイン株式会社 デザインディレクター 内田弘樹

デザイナー

富士通デザイン株式会社 在家加奈子

Kanako Ariya

詳細情報

http://www.fmworld.net/fmv/rakuraku/4/info/index.html#anc01

発売
2011年6月9日
価格

139,800円 (らくらくパソコン4本体価格)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

街を歩いて人と会い、季節を愛で、花鳥風月を写真におさめる──お散歩シニアの趣味はとてもエコです。そんなシニアの方々が日々経験した記録を、どなたにでも簡単に日記にしていただくことで、より豊かな楽しみを提供することができれば、ひいてはそれがシニアの励みとなり、写真の新しい楽しみ方を見つけていただいたり、携帯電話を持ち歩く価値をより強く感じていただける、サステナブル社会の実現に貢献できるものと考えます。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

携帯電話とパソコンをつなぐだけで、ウォーキングの記録を楽しい日記にできる簡単操作です。使い始めから成果が見えるので、出歩く楽しみが膨らみ、健康的なライフスタイルへの指針を提供します。例えば携帯電話に3か月分のデータが入っていれば、3か月分の日記が一度に出来上がるほどの簡便さが実現されており、また、webサービスとの連動など、徐々に使いこなしていく過程も考慮してデザインされております。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

歩数・いきいき歩数・活動量・消費カロリー等をグラフや数値で見やすくすることにより、歩くこととカロリー消費の関係を意識できます。また、毎日の食事を写真で掲載することのできるスペースも用意されており、これによって食事の記録を写真で残すきっかけ作り、及びメニューを写真で並べることによる、色合いでの栄養バランスの意識といった、生活習慣改善への誘導を行います。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

らくらくホンを専用クレードルに置くだけで操作をスタートできるよう、パソコンだけでなく携帯電話側にもあらかじめ機能を実装いたしました。パソコンをインターネットに接続することによる、ウェブサービスの「からだライフ」サービスと連携した健康管理など、webとローカルのハイブリッドアプリです。なお、フィーチャーホンやスマートホンからでも、F-LINKを使用したウォーキング日記の利用が可能です。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

歩くこと、写真を撮ること、健康的な食生活を送ること。携帯電話とパソコンの簡単操作な連携によって、シニアの方々の生活を、より楽しく続いていくものであるよう、デザインしていきます。らくらくホンにおいては、携帯電話を持ち歩かないお客様も少なくありませんが、本サービスによって持ち歩く価値に気付くことを促し、また、活動量データを健康ログとしてお医者様の診断に役立たせるなど、非常時の安心・安全に寄与します。

ユーザー・社会に伝えたいこと

IT機器やウェブサービスの利用は、なんら特別なことではありません。生活を送る中で、写真を撮ったり人に伝えたりしたい気持ちになることは、どなたにでもあることでしょう。そしてその気持ちに気づいた時、そこでいつでも新しいことに参加できるということ、楽しく生活することが何よりも価値があるのだということを、置くだけで日記が完成するこの「らくらくウォーキング日記」を通して伝えることができれば、と願います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

大手量販店
http://www.yamada-denki.jp/index2.html

審査委員の評価

若年層では携帯電話やスマートフォンとパーソナルコンピュータのデータ連携は日常的に行なわれているが、らくらくホンのユーザーの間では積極的には行なわれていない。歩数や写真データを簡単な操作方法により自然にPCに取り込むことで、健康管理や日記の制作を行なう。そのことを入口に、将来的には高齢者向けのライフログとしての可能性を感じさせるソフトウエアとして高く評価した。

担当審査委員| 宮崎 光弘   中谷 日出   暦本 純一  

ページトップへ