GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
じゃらん for iPad [じゃらん for iPad]
事業主体名
(株)リクルート
分類
インターフェースのデザイン
受賞企業
株式会社リクルート (東京都)
受賞番号
11G13006
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

今までにないユーザーインターフェースで、旅行の計画に新たな体験を。「じゃらん for iPad」は、宿泊先や旅行先の検索を、まるで情報誌を読んでいるように、直感的な検索や検討が出来るアプリケーションです。タブレットPCの使用感の良さに着目し、その特性を徹底的に生かすことにこだわりました。1つ1つの操作・動作をWEBの概念を捨てて、タッチパネルを生かすことを一から考え、細部までこだわっています。

プロデューサー

(株)リクルート CAPカンパニー ネットビジネス推進室 吉村 宏 (株)リクルート CAPカンパニー ネットビジネス推進室 冨永 雄一

ディレクター

(株)リクルート クリエイティブセンター 萩原 幸也

デザイナー

(株)リクルート クリエイティブセンター 萩原 幸也

リクルートにて、ブランディング、プロモ、アプリ開発等を担当

詳細情報

http://itun.es/i6c5R6

利用開始
2011年5月1日
価格

0円

販売地域

国外市場向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

PCの操作性と異なり、より直観的に利用できるようにした。例えば、1画面の情報量を絞り込み、情報が遷移して行く様子を身体で把握できるよう努めるなど、PCの操作に慣れていない方々にも使いやすいようなUIを目指しています。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

PCでの検索のような利便性と、情報誌を見るような身体的な感覚を合わたような情報の検索・検討を実現するべく、直感的操作が可能なUIを実現させています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

情報は誰にとっても平等に得られるものであって欲しい、旅行の情報も若者からお年寄りまで自分で検索し検討できるようにこれまでのPCでの操作性を見直し、UIを開発している。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

タブレットPCでの感覚的な検索と検討を実現するため、エディトリアルの考え方を導入しまるで情報誌を見ているような体験を得る事ができるようにした。電子書籍以外のエディトリアルデザインの今後の可能性を感じている。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

タブレットの利点は物理的に人と人の間に存在できること、家族や友達と旅行先を検討する時に、皆が同じように情報を見られるように、みんなでひとつの情報誌を囲んで見ていたようにWEBの情報に触れられる世界を目指した。

ユーザー・社会に伝えたいこと

雑誌で情報を探していた身体的な感覚と、WEB検索の利便性を合わせたUIの開発を目指しました。これからも誰もが気軽に感覚的に欲しい情報を検索でき、感動を共有できる世界をWEB上でも、リアルでも実現していきたいです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

iTunes App Store http://itun.es/i6c5R6
http://www.jalan.net/jalan/doc/howto/jalan_ipad.html

審査委員の評価

タブレットのUIに特化したユーザー・インターフェースであり、大きく突出したアイデアはないものの、細部までよく吟味されて作り込まれており、全体のバランスがよく構成されている。Webブラウジングの制約からはなれ、タッチインターフェースで操作する楽しさと情報検索の効率を両立させている点が評価できる。

担当審査委員| 宮崎 光弘   中谷 日出   暦本 純一  

ページトップへ