GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
マシニングセンター用高圧クーラントポンプ [トロコイドクーラントポンプ ボルテックス]
事業主体名
日本オイルポンプ株式会社
分類
生産、加工、流通に関する用品と機器設備
受賞企業
日本オイルポンプ株式会社 (東京都)
受賞番号
11G09042
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

本商品は、マシニングセンターなどの工作機械での金属加工時に加工部へ潤滑及び冷却用クーラントを供給するための高圧ポンプである。従来のクーラント設備ではバラバラに配置されていた、遠心ポンプ、フィルター、高圧ポンプと駆動モーターを一軸上にコンパクトに配置し小型化することで、設備の簡素化、フィルターのメンテナンス性の向上を実現している。また駆動モーターにDCブラシレスモーターを採用し、必要に応じて回転を制御することで大幅な省電力化も達成している。

デザインのポイント
1.The capacity efficiency of the positive-displacement pump used in this product is high and therefore is already less energy consuming than conventional pumps, but further energy-efficiency was realized by controlling the rotational speed of the motor so that it supplies pressure and flow only when needed.
プロデューサー

日本オイルポンプ株式会社 開発部長 永島 実也

ディレクター

日本オイルポンプ株式会社 開発部第一グループ 課長 町田 均

デザイナー

日本オイルポンプ株式会社 フェロー 川野裕司  開発部 係長 上原守夫 チーフ 高原拓三

日本オイルポンプ株式会社 フェロー 川野裕司

詳細情報

http://www.nopgroup.com/

発売予定
2011年11月1日
価格

オープンプライス

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

そもそも容積型ポンプは一般のポンプに比べて省エネルギーではあるが、さらにモーターの回転数制御を行うことで、必要な時に必要な分だけの圧力、流量を供給することでさらなる省電力化を実現すること。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

フィルターの交換時にはマシニングセンタ全体を止めねばならず、また交換作業に従事するものは少なからず身体や衣服がクーラント液及び切り粉で汚される。サイクロン型フィルターを用いることでフィルター交換頻度を減らし、マシニングセンタの生産性を上げると同時に作業者の負担も軽減できる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

フィルターの交換頻度を減らし、マシニングセンタの生産性を上げることで工場の稼働時間を短縮する事が出来る。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

クーラント供給システム全体の小型化、省電力化、簡略化が提供できる。システムの簡略化によってシステム全体の低価格化が実現できる。また、機械そのものの小型化、設置スペースの省スペース化に貢献できる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

大幅な省電力化によってCO2排出量削減に貢献できる。システムの省スペース化によって、機械の小型化、更には工場内設置スペースの省スペース化が実現できることにより省資源化に貢献できる。

ユーザー・社会に伝えたいこと

必要なときに必要な圧力で必要な流量を提供するクーラントポンプでエコ社会を!

どこで購入できるか、
どこで見られるか

日本オイルポンプ株式会社 東京事業所 R&Dセンター、日本オイルポンプ株式会社 山形工場
http://www.nopgroup.com/

審査委員の評価

本製品は,工作機械での加工部へ潤滑及び冷却用クーラントを供給するための高圧ポンプである.遠心ポンプ,フィルター,高圧ポンプ,回転制御可能なDCブラシレスモーターを一軸上に配置し小型化することで,設備の簡素化,省電力化などの機能性を向上させるとともに,意匠的にもシンプルで信頼感のあるものとなっている.一般にポンプのフィルター交換においてはクーラント液や切り粉で作業者の身体や衣服が汚れるが,吸入口に2段サイクロン型フィルターを配置することで,フィルター交換頻度を減らしメンテナンス性の向上,作業者の負担軽減も図られており,優れたデザインであると評価した.

担当審査委員| 山田 晃三   馬場 了   平野 哲行   村上 存  

ページトップへ