GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
Projector [MX880]
事業主体名
BenQ
分類
オーディオビジュアル機器
受賞企業
BenQ (Taiwan)
受賞番号
11G07084
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

BenQ MX880 is an ultra short throw projector designed for educational purpose. Its short throw distance is friendly for small to medium-sized classrooms. The projector can display 81 inch widescreen within the distance of 1 meter.The BenQ exclusive aspheric lens is ideal for displaying high definition content. Moreover, BenQ MX880 supports 3D images,which provides students with more realistic and exciting learning experience. Moreover,BenQ MX880 supports 3D images,which provides students with more realistic and exciting learning experience.

プロデューサー

BenQ.Corp

ディレクター

Lifestyle Design Center

デザイナー

Lifestyle Design Center

発売予定
2011年1月15日
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

Worldwide

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

To design an ultra short throw projector with a compact size to reduce wind disturbance.

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

Its short throw distance is friendly for students in a small to medium-sized classrooms.

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

BenQ MX850 supports 3D images, which provides students with more realistic and exciting learning experience.

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

The projector can display 81 inch widescreen within the distance of 1 meter. The BenQ exclusive aspheric lens is ideal for displaying high definition content.

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

Design as a compact form to avoid wind disturbance and display clear images during presentation. The compact design of the device also enables installation and maintenance much easier for the users.

ユーザー・社会に伝えたいこと

An educational short throw projector offers a big picture even in a small classrooms.

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http:BenQ

審査委員の評価

超短投写型のプロジェクターの場合、狭い室内での使用シーンを想定する必要があるが、当プロジェクターは、天井吊りを基本的な設置位置と想定し、ミラー部を固定型にすることで部品点数やパーティングラインを極力減らし、直線を基調としたラインと少し大きめの角Rで極力無駄のないスタイリングを施すことによって、室内で目立ちすぎない存在となるようデザインされていることが伺え好感が持てた。

担当審査委員| ムラタ・チアキ   安次富 隆   佐々木 千穂   戸谷 毅史  

ページトップへ