GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
LED Projector [P1 Series]
事業主体名
Asustek Computer Inc.
分類
オーディオビジュアル機器
受賞企業
Asustek Computer Inc. (Taiwan)
受賞番号
11G07073
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Designed with the user in mind, the ASUS P1 series is portable and can be easily set up anywhere. Its portability comes by way of its slim chassis, which feature sophisticated mesh air vents to maximize cooling. A flip-out stand and precision lens controls ensure hassle-free setups. An intuitive user interface and a control panel designed for quick access to basic functions further enhance the user experience.

プロデューサー

ASUSDESIGN

ディレクター

ASUSDESIGN

デザイナー

ASUSDESIGN

launch pending
2011年10月1日
価格

549 ~ 599$

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

The use of LED technology ensures that maximum brightness is achieved with minimum electrical consumption. Quick start up is also enabled.

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

Special consideration has ben paid to the design of the focus lens & controls to ensure smooth experience when setting up the projection.

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

The P1 series projectors help enable a mobile and fuss-free lifestyle solution, allowing users to engage each other efficiently. The small size of the unit makes it an ideal tool for both work and entertainment.

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

Special care has been taken to ensure that the P1 series projector is one of the slimmest and smallest of its kind, with optimum brightness.

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

Being small and mobile, P1 series LED projectors allow the same tasks to be performed as per larger projectors at much lower costs, making such devices accessible for even larger group of consumer. Besides being cost efficient, their usage is also simple and straight forward.

ユーザー・社会に伝えたいこと

In a time where portability and mobility has become more important, the use of small projectors should be hassle-free and allows users to share information quickly without having to go through frustrating set-ups. Special consideration needs to be taken in designing an intuitive hardware and software controls to enhance the user experience.

審査委員の評価

持ち運びやセッティングの容易性を追求し、プロジェクター本体を113X128X33mmというコンパクトサイズにまとめ、フリップアウト式のスタンドを本体底面にレイアウトしている。ミニマムサイズの直方体の本体に、円筒形のレンズ部を相貫させたスタイリングは、プロジェクターに必要な最低限のパーツ構成を素直に視覚化しており好感が持てる。仕上がりも美しく、剛性感もあり、完成度の高いデザインである。

担当審査委員| ムラタ・チアキ   安次富 隆   佐々木 千穂   戸谷 毅史  

ページトップへ