GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
カラーイメージスキャナ [スキャンスナップ S1100]
事業主体名
株式会社PFU
分類
携帯電話・通信機器・パーソナルコンピューター
受賞企業
株式会社PFU (石川県)
受賞番号
11G06070
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

本製品は、世界最小クラスで「いつでも・どこでも・簡単に」使える軽量コンパクトな「モバイルスキャナ」です。名刺からA4サイズまでの用紙から会員カードなどのプラスチックカード、ボール紙などの厚紙を「自動給紙機能」により簡単で、スピーディに、PDFやJPEGなどの電子データが作成できます。さらに、パソコンからのUSBケーブル1本のバスパワー接続で、Evernote等のクラウドサービスとシームレスに連携ができます。

プロデューサー

株式会社PFU イメージプロダクト事業部 第三技術部 部長 室崎 幹雄

ディレクター

PFUテクノコンサル株式会社 CADセンター デザインプロジェクト 専任技術員 杉谷 稔

デザイナー

PFUテクノコンサル株式会社 CADセンター デザインプロジェクト 杉谷 稔、黒田 悟志 + Toshi Satoji Design 里地 俊樹、アルヴィセ ガンガロッサ

詳細情報

http://scansnap.fujitsu.com/jp/product/s1100/

発売
2010年11月20日
価格

17,800円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

スキャナは重要な書類や資料からメモ手書きなどの紙を、電子データによる紙資源のスリム化と情報の有効活用、かさ張る紙情報の整理整頓から身の回りをクリーンにする。また、電子表示ツールを介して世界中で情報コミュニケーションの可能性を大きく広げてくれる。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

雑誌などの最新情報や手書き情報などを、簡単に電子ファイリングと情報コミュニケーションが出来る。パソコンからUSBケーブル1本で動作可能で、手前の挿入ガイドを開くと電源ON。原稿を手前から挿入して、「Scan」ボタンを押して読み取りを開始。もう一度「Scan」ボタンを押すまでの間、何枚でも連続で読み取りが出来る簡単スキャナ。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

オフィスでの手軽な使い方はもちろんの事、その小ささと軽さから机やカバンなどにコンパクトに収納。外出先でもノートパソコンがあれば、どこでも簡単に紙の電子化と情報コミュニケーションがインターネットなどのクラウド連携からすぐに交流が出来る。また、自宅や家庭での日常の回覧板や明細などを、スケジュールや家計簿ソフトを使って簡単に情報の電子化による整理整頓と、情報コミュニケーションの輪が広がる。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

モバイルの実現により、外出先、移動時等、いつでも、どこでも情報のデータ化が可能となり、情報を必要な場所、人へ送信することができ、産業のスピード化に大きく貢献できる。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

海外、特に北米や欧州では契約書やドキュメントのデータ化が進む中、外出先などオフィス以外での紙情報の電子データ化からモバイル性に特化したニーズが高まっている。スキャナによる電子化から情報の記録と利用による社会発展、紙情報の整理整頓による再利用と、人間社会と環境との関係改善に大きく貢献している。

ユーザー・社会に伝えたいこと

iPadに代表するスマート端末の登場で紙から電子データを持ち歩く。またはクラウド上にデータを置く等、オフィスから外出先、家庭へと、その情報はドキュメントから雑誌や漫画、そして、思い出の写真等すべての紙情報を電子化して、人と人との情報交流や話題からコミュニケーションの輪を広げます。これまでに無い世界で一番簡単で手軽なスキャナを造りました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Webショップ「PFUダイレクト」下記URL。または、アップル社直営店。「Apple Online Store」「価格com」「BCNランキング」などのWeb通販。
http://www.pfu.fujitsu.com/direct/scanner/

審査委員の評価

モバイル用途に限らず気軽に持ち運ぶことができるドキュメントスキャナーである。また、本体も極めて軽量であり、バッグに入れて運ぶことも問題ない。本体の素材にもこだわり、その結果が、このサイズと軽量さを実現していることが評価できる。このコンパクトさでこれだけの機能が詰め込まれているのは素晴らしい。まさにモバイルスキャナの代表格であり、完成されたデザインでユーザーを魅了することができている。

担当審査委員| 柴田 文江   後藤 禎祐   山崎 和彦   渡邉 誠  

ページトップへ