GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
住宅 [Earth,Wind&Sunshine]
事業主体名
個人
分類
住宅
受賞企業
株式会社彦根建築設計事務所 (東京都)
受賞番号
11G05086
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

夏は地下水を利用した水盤で涼を採り、冬は基礎ごと蓄熱させることで寒い場所をつくらない。風通しと日射のコントロールによって極力エネルギー消費をゼロに近付け、太陽光発電を加えることで、エネルギーを生み出す家としている。

デザインのポイント
1.This house is not using,but producing energy,when it completes 8.1kw Photovoltaic power generation system.It also saves energy with use of the geothermal energy,control of the sunshine and ventilation.
デザイナー

彦根明

株式会社彦根建築設計事務所 代表取締役 彦根明

詳細情報

http://Http://www.a-h-architects.com

利用開始
2010年4月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

北関東(建主様より防犯上左記以上の詳細公開を避けて欲しいと言われています)

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

地下水を利用した水盤と基礎そのものを蓄熱体とした暖房、風通しと日射のコントロールによってエネルギーの消費を極力抑え、更に太陽光発電を加えることで、エネルギーを生み出す家とした。(太陽光発電は配線済み。パネル8.1KW分は次期工事)

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

環境にやさしい家は決して我慢が必要な家ではありません。「身体」にも「人間」にも、そして地球の将来にもやさしい家は実現可能だと考えて、この家を計画しました。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

住宅は勿論、「生活」のメインの舞台と言えます。生活者の必要を満足させるに留まらず、常に新しい発見、成長を提供する場となり得ます。1年を過ごしたクライアントからそのようなお言葉を頂きました。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

次項の「社会・環境」にも直結しますが、住宅を中心とした建築「産業」そのものも転換期を迎えていると感じています。これまでのいかに消費するかという考え方を変え、消費しない、プラスマイナスゼロの「産業」へと移行する際、本応募対象のコンセプトも一助になると考えています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

この計画の一番の視点は「社会・環境」にあります。エネルギー消費量を減らすのではなく、エネルギーをつくる家に、CO2排出量を減らすのではなく、出さない方向へとシフトしていく足がかりになると考えています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

住宅建築産業も、大きな転換期を迎え、「いかに消費するか」ではなく使い終わるまでにプラスマイナスゼロにしなければならない時代が来ていると思います。エネルギーを消費するのではなく「生み出す家」、CO2排出を減らすのではなく、使い終わるまでのトータルで「出さない家」を考案しなくてはならないと考えています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http:Http://www.a-h-architects.com

審査委員の評価

エネルギーをテーマにしながらも、それがこれみよがしでなく住宅のデザインの中に自然に取り込まれている点が優れている。ゼロエネルギーと住みやすさが両立した住宅が実現されている。

担当審査委員| 難波 和彦   千葉 学   手塚 由比  

ページトップへ