GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
住宅 [琉球石灰岩を取り込んだ「猫と暮らす家」]
事業主体名
エス・エヌ・ジー デザイン
分類
住宅
受賞企業
エス・エヌ・ジー デザイン (沖縄県)
受賞番号
11G05068
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

自然環境を人間側の都合に合わせ開発行為を行うのではなく、建築が自然とどのように向き合っていくべきなのかを模索した新築住宅である。敷地内に4mを超えて隆起する琉球石灰岩。1匹の捨て猫と出会い、一緒に楽しく暮らすために計画する住宅。既存の琉球石灰岩を内部に取り込む事により、夏場の暑さ対策、インテリアデザイン、癒し効果、猫の遊び場など個性的な長所が生まれる。既存の岩壁を開発せず、建築物から寄り添うことで、自然環境への影響を少なくしながら、人間がそこに住ませてもらうような謙虚な感覚で計画を行った。その際、住空間としての快適性を犠牲にすることなく計画することにも注力したプロジェクトである。

プロデューサー

エス・エヌ・ジー デザイン 末松信吾

ディレクター

エス・エヌ・ジー デザイン 末松信吾

デザイナー

エス・エヌ・ジー デザイン 末松信吾

エス・エヌ・ジー デザイン 末松信吾

詳細情報

http://su-ma-i.com

利用開始
2010年7月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

沖縄県

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

自然環境を開発行為によって失ってきた昨今、人間社会だけではなく地球上の生物が生きていくためには自然をどのように再生し、残していくのかが今後の課題となる。建築が自然の一部として受け入れられるような姿勢で取り組むことで、良い解決方法が見えてくるのではないだろうか。今回の挑戦は、個人的に自然との向き合い方を考える良い機会となった。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

人と猫とが一つ屋根の下でどのように暮らしていくのか。一日中家の中で過ごす猫たち。彼らがこの家で幸せに暮すことが、飼い主にとっての幸せでもあるようだ。今では、人間同士の家族だけでなく、ペットまでもがかけがえのない家族となっている時代。今後、新たな家族観に対応するための家造りとして、工夫を凝らした近未来住宅と言える。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

自然環境がそのまま居住空間に取り込まれることにより、今まで日常では味わえなかった生活を送ることができるようになった。特に今回は、猫と楽しく暮らす住宅ということもあり、自然の岩肌が猫にとって遊び場にもなり、キャットウォークへの移動手段ともなって、家中を自由に駆け回ることができる。このように自然と人間と猫が共存することで楽しく生活を送ることが出来る住宅となった。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

今回のようなペットが中心となった新しいライフスタイルに対する産業の可能性が垣間見られるのではないだろうか。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

「自然と建築との向き合い方」や「ペットと暮らす新しい価値観」について改めて考え直すきっかけになったのではないだろうか。

ユーザー・社会に伝えたいこと

建築は、今後も続いていく行為である。但し、スクラップアンドビルドの時代は終わり、リファイン建築等のような分野が開拓されてきている。それでも新築や改築・開発は、今後も消えることはないであろう。新築や改築・開発などを今後進めていくにあたって、自然とどのように向き合っていくのかを考えるきっかけになれば幸いである。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

エス・エヌ・ジー デザイン
http://su-ma-i.com

審査委員の評価

敷地にもともとあった擁壁に寄り添うような建築のあり方は、土地と建築の関わり方について示唆的である。こうした地道な努力のひとつひとつが、やがて大きなうねりとなることを期待したい。

担当審査委員| 難波 和彦   千葉 学   手塚 由比  

ページトップへ