GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ベッド [ゾナノッテ テッスート ジーオー]
事業主体名
アイシン精機株式会社
分類
家具・インテリア用品
受賞企業
アイシン精機株式会社 (愛知県)
受賞番号
11G04016
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ZONA NOTTEは、洗練されたデザインクオリティーをテーマに、快適な睡眠のみならず、入眠前のくつろぎを提案した、より末長くご使用いただけるベッドです。体圧分散性の良いマットレスに腰をおろし、クッションの効いたヘッドボードに体を預け、トレイに置かれたスマートフォンやタブレット端末をベッドで楽しむことができます。リラックスした入眠前の時間は、より良質な睡眠へと誘います。寝返りをサポートするマットレスは、左右各々に硬さ変更可能で、快適な睡眠が得られます。また、オーバーカバーは、家庭で水洗い・日干が可能で清潔さを保つことができ、製品が寿命を迎えた時には、家庭で分別廃棄することができます。

プロデューサー

アイシン精機株式会社

ディレクター

アイシン精機株式会社 デザイン部 部長 橋場昭一

デザイナー

アイシン精機株式会社 デザイン部 福浦慶泰、松井明子

詳細情報

http://www.aisin-asleep.com/

発売予定
2011年11月1日
価格

436,000円~

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

マットレスに使用されている樹脂弾性体「ファインレボ」は、スチレン系樹脂とパラフィン系鉱物油からなる熱可塑性エラストマーでできており、人体への安全性が高く、スクラップの再生利用が可能な材料です。また、マットレスのオーバーカバーは、PET再生繊維を約50%使用し、全てポリエステル繊維でできているため、再利用しやすくなっています。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

樹脂弾性体を内蔵したSFF-JMXマットレスは、体圧分散性に優れるのみならず、寝返りをサポートし、寝ている間の体力消耗を軽減させることで、より深い眠りが得られます。またリバーシブルベースは、体型・寝姿勢・好みにより、背中・臀部の硬さを左右各々に変更可能で、年齢を重ねて体格や寝方が変わっても長くお使いいただけます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

湿気の多い日本の風土では、布団を干して清潔、快適さを保ってきました。本製品のマットレスは、オーバーカバーの水洗い・日干しが可能で、ダニや細菌、汗等の汚れを除去し、清潔さを保つことができるマットレスです。また、クリーニング可能な、ヘッドカバー、フレームカバーは、43色から選ぶことができます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

欧米ブランドの高級品が多くみられる日本のベッド市場において、日本の環境に合わせた、デザインクオリティーの高いベッドを、国内で開発、生産をしており、国内産業の活性化と日本ブランドの構築を導いています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

一般的なマットレスは、金属スプリング、ポリウレタン、化学繊維等の多種多様な部材が使用されており、分別困難な状況が大きな問題となっています。本製品のマットレスは、樹脂弾性体スプリングやポリウレタン等が、積層された構成により、全てご家庭で簡単に分別廃棄できます。

ユーザー・社会に伝えたいこと

入眠前のリラクゼーションは、より深く良質な睡眠を誘う効果があります。寝室空間を、眠るためだけの部屋にするのではなく、一日の疲れを癒し、くつろぎながら「夜」を楽しむ、生活の重要な場として捉えてもらいたいと考えます。健康への関心が高まる中、1日の約1/3を過ごす寝室空間においてベッドは人や社会に与える影響が大きい製品であり、毎日の眠りがそれぞれの人生を美しくするよう願っています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ベッドギャラリーASLEEP
http://www.aisin-asleep.com/

審査委員の評価

てらいがなく、就眠前の寛ぎや使いやすさを求めたベッド。エラストマーの耐圧分散のマットレスが特徴的な、クオリティーのあるベッドである。

担当審査委員| 山本 秀夫   岩崎 一郎   川上 元美   橋田 規子  

ページトップへ