GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
加湿空気清浄機 [Panasonic F-VXG50]
事業主体名
パナソニック エコシステムズ株式会社
分類
家電機器
受賞企業
パナソニック株式会社 (大阪府)
受賞番号
11G03071
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

●当社空気清浄機の中級機種となる加湿機能つき空気清浄機。●上位機種のVXG70の主要機能をそのままにコンパクト化。軽量化とダウンサイジングで、パーソナルに使用する事へ配慮。●当社独自機能である、前面可動パネルによる床上30cm吸塵「メガキャッチャー」を低コストで実現。●又ナノサイズの水滴を発生させる「ナノイー」機能と空気の気体分子をイオン化する機能「アシストイオン」を併用する事で、浮遊菌の除去率99%の達成時間を約5分の1(240分→90分/25?当社比)に短縮。●それらの機能を自動的に制御する機能「エコナビ」により、約67%の省エネ43.8Wh(風量自動モード時135.8Wh)を実現。

プロデューサー

パナソニック エコシステムズ株式会社 健康空質ビジネスユニット 林 勝成

ディレクター

パナソニック株式会社 デザインカンパニー HAデザイン分野 HA先行開発グループ 渡邉 辰弥

デザイナー

パナソニック株式会社 デザインカンパニー HAデザイン分野 HA第2開発グル-プ 島田 八潮

詳細情報

http://panasonic.co.jp/index3.html

発売予定
2011年9月1日
価格

オープンプライス

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

クリーンで安心、安全な空質空間をお客様に提供する際、それをいかに少ないエネルギーで実現できるか。当社家電に展開している独自の省エネ技術、「エコナビ」を搭載。自動で省エネ運転ができる生活を提案した。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

一年を通し室内空間の空質の向上をもって、お客様の健康を維持する事。例えば、春の花粉飛散のシーズンに、当社独自機能の「メガキャッチャー」で床上30cmを漂う花粉を集中集塵する事、冬場のインフルエンザシーズンに、「ナノイー&アシストイオン」で現行比5倍の菌抑制スピードで除菌を行う等。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

正面吸い込み形状でかつ場所をとらないスリムでコンパクトな造形は壁際ぴったり設置が可能であり様々な設置条件にも対応できる。又、給水時に作業が容易になる様、タンクを単独で立たせられるスタンドを追加、給水作業が楽に行える様配慮。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

省エネ性と快適性の向上を可能にする為、常に独自の技術力を進歩させ提案する事で、空気清浄機器の業界を牽引する。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

高い省エネ性能を持った機種を市場提供する事により、当社ブランド方針である『地球環境との共存』を実践。

ユーザー・社会に伝えたいこと

どうすればお客様に快適な空質空間を提供する事ができるか、常に使用実態調査等、生の声を商品に反映させ、魅力的な商品像を提案したいと思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

国内主要家電量販店

審査委員の評価

技術に裏付けされた高い機能を持つ製品でありながら、インテリアに置かれる機器として、空間との調和がよく考慮されている。機能と空間への配慮を両立させるための可動部もメカニカルになり過ぎす、よく整理された造形処理がされている。パネルが開いた状態の見え方にも気を配った、完成度の高い製品と云える。

担当審査委員| 朝倉 重徳   安積 朋子   田子 學   蓮見 孝  

ページトップへ