GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
マスク [はじめてのマスク]
事業主体名
ピジョン株式会社
分類
健康・ケア、育児・介護用品
受賞企業
ピジョン株式会社 (東京都)
受賞番号
11G01062
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

小さなお子さまはマスクをつけることを嫌がります。「はじめてのマスク」は1才半からの小さなお子さまが嫌がらない工夫がいっぱい。特に安全性に配慮し、呼吸をしやすくするため口もとに空間ができる立体ドーム型にし、飛沫物が入りにくい下側に通気ルートをつけました。全体が柔らかい素材や痛くない柔らかな耳ひもを使用しているのでつけ心地がよく、また、子どもの興味を引くかわいいクマの立体イラスト付きです。

プロデューサー

ピジョン株式会社 開発本部 商品開発部 開発3グループ マネージャー 土屋 和幸

ディレクター

ピジョン株式会社 開発本部 商品開発部 開発3グループ 李 明希

デザイナー

ピジョン株式会社 開発本部 商品開発部 開発3グループ 三嶌 裕志

開発本部 商品開発部 開発3G 三嶌 裕志

詳細情報

http://pigeon.info/products/

発売
2011年8月22日
価格

460円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

病気や風邪に対して予防意識が高まる中、大人だけではなく小さな子どもも一緒にマスクを使用することにより、行動範囲を狭めずに一緒に外にお出かけすることができ、お子さま健やかな成長を育むことができます。また今まで市場にほとんどなかった1歳半からのお子さまのマスクを販売することにより、新たな価値を提案し、市場が活性化することができます。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

低月齢の子どもにあったサイズです。本体は不織布のみで作られているので肌にやさしく、つけ心地がよく、張り付かず呼吸がしやすい形です。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

低月齢の子どもが風邪を予防し、安心して元気に遊んだり健康的に生活できます。家族の子どもを守ってあげたい気持ちをサポートします。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

不織布の複雑な立体成形でマスクが作れることを紙業界に提案しました。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

風邪の季節はもちろん、ウィルス感染、細菌性食中毒、環境汚染などの感染症は年間を通じて発生しています。その度に予防意識の高まるお母さん方に、子どもの行動範囲を狭めずに一緒に外に出かけていける環境を作り出しました。

ユーザー・社会に伝えたいこと

風邪の季節も小さな子どもと安心しておでかけできるマスクです。口元は立体ドーム型なので呼吸がしやすく、本体は不織布のみで作られているので肌にやさしくつけ心地抜群です。安全性を考慮したマスクなので、小さな子どもにも安心して使用できます。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

赤ちゃんホンポ、マツモトキヨシ
http://pigeon.info/products/

審査委員の評価

子どもが着けているシーンを思い描くだけで、大人も楽しくなるデザインである。子供も大人も微笑むようなデザインでありながら、安全性や使いやすさへの配慮がきめ細かくなされている点は説得力が高い。稚拙になりがちなイラストも、大人っぽさを感じさせるレベルに仕上げてある点も好感が持てた。

担当審査委員| 高尾 茂行   川島 蓉子   須藤 玲子   渡辺 弘明  

ページトップへ