GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|ロングライフデザイン賞

受賞対象名
スプーン [ののじスプーン(カットスプーン、ソフトスプーン)]
事業主体名
株式会社レーベン販売
分類
グッドデザイン・ロングライフデザイン賞
受賞企業
株式会社レーベン販売 (神奈川県)
受賞番号
10L01023
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

日本の食生活に沿った食べる為のスプーン。現在日本の食文化は、世界中の多種多様な料理が取り入れられており、その中でも、カレー、ピラフ、リゾット、ドリア、プリン等、スプーンで食べる料理が多くなっています。従来のスープを飲むことを目的にしている西洋式のスプーンは、スープをたっぷり掬えるようにサジの底が深く、スープを口に流し込む動作に適していましたが、食べる料理にはストレスが有りました。本スプーンは、食べる動作がスムーズ、サジ部で食材が掬いやすい、サジに食材が残らずスッと口から抜ける、切り分ける動作がし易い等により、従来のストレスを解決すると共に、食べやすく、より食事をおいしく食べられるスプーンです。

プロデューサー

株式会社レーベン販売 高部篤

ディレクター

株式会社レーベン販売 高部篤

デザイナー

株式会社レーベン販売 高部篤

株式会社レーベン販売 高部篤

発売
2000年4月1日
価格

630 ~ 945円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

柄と匙の縁部が直線状構造から、食べる行為がスムーズで、力がダイレクトに匙部縁に伝わり、具が切り易く、匙部の適度な浅さと端面のスリ加工や匙部周辺の縁採用により、皿の中の食材を最後まで残らず掬え、口内でのエッジによる異物感から解放し、料理の味わいを高めた。一度使用すると今までのスプーンでは食べたくないの声や、幼児用に開発したLハンドルは、三点支持の指の支え方から箸使いのスムーズな移行が評価されている。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

一般食事、デザート用は勿論、学校給食での使用、味わいにこだわるカレー等の専門店等を想定。スムーズな口運びと共に食べこぼしが少ないサジにフランジ状のフチを設けたタイプは、上手に食べられない幼児や高齢者の方へ、また、右手で左用を用いれば対面で食べさせがし易く、離乳食や介護用としての利用が広がる。さらに、ユーザからの要望に応え、Lハンドルタイプを加え、多様な持ち方に対応した幼児の自分で食べるをサポート。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東急ハンズ、全国厨房業者、ネット販売
http://shop.nisiyoko.com/i-shop/top.pasp?to=tp

審査委員の評価

常識的なスプーンのかたちにとらわれず、ユニバーサルデザインの可能性を追求した意欲的な製品。左ききの人のための製品についても良く考慮され、完備している。

担当審査委員| 黒川 玲   蓮見 孝   平野 哲行  

ページトップへ