GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
レンズ交換式デジタルカメラ用ユーザーインターフェース [NEX-5/NEX-3用ユーザーインターフェース]
事業主体名
ソニー株式会社
領域/分類
ネットワーク領域 - デジタルコンテンツ
受賞企業
ソニー株式会社 (東京都)
受賞番号
10E14007
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

一眼カメラの高画質を、小型軽量ボディで気軽に誰にでも楽しんで頂けるカメラです。APS-Cサイズの14メガイメージセンサーを搭載することによって、写真もHD動画も、高解像度・低ノイズ・美しいボケと言った一眼画質を実現しました。ボディは世界最小最軽量(NEX-5。2010/5/11広報発表時。レンズ交換式デジタルカメラにおいて。)ですので、気軽に持ち歩くことができます。カメラの操作は、コントロールホイールとソフトキーを使って、簡単で直感的に行うことができます。また機能説明が表示されるヘルプガイドや、撮影のコツを教えてくれる撮影アドバイスが搭載されており、これまで一眼を使ったことのない方も安心です。

プロデューサー

ソニー株式会社 コンスーマー・プロフェッショナル&デバイスグループ PI&S事業本部

ディレクター

ソニークリエイティブワークス株式会社 桜井 修、安井 重哉

デザイナー

ソニークリエイティブワークス株式会社 奥村光男、古江伸樹、土屋圭史、田村綾香、永原潤一+ソニー株式会社クリエイティブセンター 高橋正宏、吉森大介、佐々木雅行 +Sony (China) Ltd. 王昇

詳細情報

http://www.sony.jp/ichigan-e/

発売
2010年6月3日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

これまでコンパクトデジタルカメラをお使いの方で、一眼レフの高画質に興味がありながらも、大きい・重い、難しそう、価格が高いと言った理由で購入を躊躇してきた方に、一眼レフの高画質を手軽に楽しんで頂くことを狙いました。これまで一眼を持ち歩いていないような日常のワンシーンを、高画質な写真やHD動画で美しく残して頂くことを目指しています。

デザイナーのコメント

光学機器ならではの文脈からはブレの無いよう、要素をしっかりと踏襲しつつ、これからのイメージング機器のリファレンスとなる新しいものを目指してデザインしてきました。高画質を誇る光学機器としての品位をしっかりと表現するために、音とグラフィックの質感に徹底的にこだわりました。一眼レフの操作に慣れないステップアップユーザーのために、撮影アドバイス機能を提案し、実現しました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

これまでコンパクトデジタルカメラをお使いの方で、一眼レフの高画質に興味がありながらも、大きい・重い、難しそう、価格が高いと言った理由で一眼レフの購入を躊躇してきた方をメインユーザーとして想定しました。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

一眼レフの高画質はそのままに、小型軽量化と簡単操作性、手軽な価格を実現することで、特別なイベントだけでなく日常のワンシーンをも、高画質な写真やHD動画で美しく残して頂くことができるようになりました。例えば、運動会だけでなく近所の公園で子供が見せた最高の表情を捉えたり、おしゃれなレストランでも周囲に気兼ねなくさりげなく料理を撮ったりすることができます。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

一眼レフの高画質はそのままに、小型軽量化と簡単操作性、手軽な価格を実現することで、従来の既成概念を打破し、より多くの方に、一眼の美しい画質で写真やHD動画をより気軽に楽しんで頂くことができるようになりました。日常の中に溢れている決定的瞬間を逃さず、高画質に記録して楽しんで頂くことができます。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

家電量販店、Sony Style(WEB)、ソニーストア銀座・大阪・名古屋、ソニービル etc.
http://www.jp.sonystyle.com/Store/

審査委員の評価

直感的な操作を可能にするアイコンは高精細で視認性が高く、デザインも優れている。またワイド液晶ならではのメニュー表示は、プロダクトのデザインと連動し、高度なインタラクションをユーザーフレンドリーな使いごこちへと導いている。

担当審査委員| 佐藤 可士和   永井 一史   中谷 日出  

ページトップへ