GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
DLPプロジェクター [Panasonic PT-DZ8700, PT-DW8300, PT-DS8500, PT-SDZ980, PT-SDW930, PT-SDS950]
事業主体名
パナソニック株式会社
領域/分類
ネットワーク領域 - 業務用・公共用A&V機器
受賞企業
パナソニック株式会社 (大阪府)
受賞番号
10E11010
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

企業の大会議室/大学の大教室/イベント会場等で使用。明るさ9000?10500lm(ルーメン)で曲面スクリーンにも投射可能な業務用プロジェクター。●2灯ランプシステムと液冷方式(DLPチップ部)採用で長期運用可能。●1ミクロン以上の微細な埃進入を防ぐ静電フィルターと密閉光学ブロックで高輝度維持投射を実現。●前機種と同じサイズで3000lmの輝度向上。(6000lm→9000lm以上) ●オートクリーニング機構採用で、メンテナンス作業の負担が軽減。●設置施工し易いレンズセンター構成。

プロデューサー

パナソニック株式会社 AVCネットワークス社 システム事業グループ システムAVビジネスユニット 下水流正雄

ディレクター

パナソニック株式会社 デザインカンパニー AVCネットワークデザイン分野 AVCN第2開発グループ 束原崇

デザイナー

パナソニック株式会社 デザインカンパニー AVCネットワークデザイン分野 AVCN第2開発グループ 東貞良

発売
2010年8月5日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

●フィルター目詰りをオートクリーニング機構で防ぎ、長期安定運用とメンテナンス作業の負担を軽減。●前機種と同じサイズでリプレースを容易にし、空間調和する形/カラーを採用。●レンズセンター構成採用で、設置施工時にスクリーンとのセンター合わせが容易に実現できる。●曲面/円柱形等の特殊形状スクリーンにも投射できる映像補正機能で、新映像表現を可能にする(PT-DZ8700/PT-DS8500)。

デザイナーのコメント

設置する人、管理する人、使う人の視点からそれぞれの課題を整理し、空間調和の基本コンセプトの中で、レンズセンター構成/上下左右シンメトリー造形に徹底的にこだわり、業務用光学機器にふさわしい端整さと高性能表現の両立を目指した。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

●設置施工業者。●システム管理者/企業(大会議室)/大学(大教室)/公共施設/イベント ●一般利用者、ビジネスマン、学生、イベント参加者。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

●設置施工業者:①設置施工し易いレンズセンター構成。②本体の運搬/設置時の保持性を向上させる底面凹グリップ。●システム管理者:①空間調和する筒型フォルム/カラーと30dBの静音性で映像に集中できる環境作り。②オートクリーニング機構等でメンテナンス作業の負担を軽減。●一般利用者:①高輝度/高精細/高画質の映像視聴。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

●WUXGA(1920ⅹ1200ドット)の3-DLP素子搭載でワイド化とフルHD化に対応。●キャビネットはハロゲン系難燃材を不使用/レンズは鉛を不使用と新設計の電源採用で待機電力0.2Wを実現。

審査委員の評価

力強く信頼感を感ずるデザイン。レンズへのアクセス性等のメンテナンス性に配慮されており、仕上げからも高性能感が伝わる。

担当審査委員| 朝倉 重徳   吉良 康宏   後藤 禎祐   佐々木 千穂  

ページトップへ