GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
フルカラー複合機/プリンタ [コニカミノルタ bizhub C35/C35P シリーズ]
事業主体名
コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社
領域/分類
ネットワーク領域 - 業務用・公共用コンピュータ、および周辺機器
受賞企業
コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社 (東京都)
受賞番号
10E10019
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ジョブの効率化、コストの削減など、オフィスワークに求められる様々なニーズに応え、オフィス機器の理想形を追求したフルカラーA4複合機&プリンタ シリーズです。オフィスのデスクサイドで快適に使えるコンパクト性、静音性、高画質性と設置環境を選らばないスタイリッシュなデザインを備え、ワークグループでの共有に十分な、カラー/モノクロ毎分30枚の生産性を提供するフルカラーレーザー複合機&プリンタです。複合機であるbizhub C35は、チルトタイプのカラータッチ液晶パネル採用で、操作性/視認性を追求しました。

プロデューサー

コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社  オフィス商品企画部 島田喜夫/第2オフィス製品開発部 松浦一夫/第1オフィスHW開発部 武井一

ディレクター

コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社  デザインセンター  財部裕氏、磯貝嘉孝、南原二郎

デザイナー

コニカミノルタテクノロジーセンター株式会社  デザインセンター 長野雅一、寺坂崇、吉田英史、瀧村量、林貴子

デザイナー

詳細情報

http://konicaminolta.jp/business/products/

2011年1月中予定
2011年1月31日
価格

1,000 ~ 3,500$

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

オフィスワークに対する価値観の変化、ICTの発展によるワークスタイル/フローの変化、またそれらに基づくオフィス環境そのものに対する要求の変化を背景とし、居住環境との調和と機能的快適性の両立という視点から、従来事務機の概念を超えた、オフィスの快適性を向上させる存在を目指した。また、ユーザとのコミュニケーションをキーに、様々な機能をスマートに心地よく提供できるデザインを目指した。

デザイナーのコメント

2007年に弊社より発表したブラックボディのA3複合機は、充実した機能と斬新なデザインが市場で好評を博し、目標としたブランド力の向上を果たした。本機種シリーズの開発に当たっては、A4複合機へのコンセプト適用によるブランドイメージの維持向上と、更なる展開の拡大としてプリンタへのコンセプト適用を図ることにより、より一層のブランド浸透を目指した。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

大・中規模オフィスや官公庁を中心とした一般オフィスユーザー及び公共使用における一般ユーザー、およびその管理者。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

高画質なプリントアウトを、早く、安価に、様々な形で作成できること。紙文書と電子文書が混在する中での情報の共有、活用、配信がシームレスに行える事による効率的で創造的な作業の実現。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

オフィスで働く様々な身体的、心理的特徴を持つユーザーに対し、対応レベルを時代に順応させた仕様に仕立てた。オフィスにおける快適性の面では、設置スペース(デスクトップまたはフロアスタンド)や騒音の低減を図ると共に、非使用時の佇まいのあり方をデザインに盛込んだ。省エネルギーに対しては運用時の消費電力低減と共に、生産時にも環境負荷の少ないトナーを使用している。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

コニカミノルタビジネスソリューションズ株式会社 ショールーム/東京都中央区日本橋本町1
http://konicaminolta.jp/business/about/bj/index.html

審査委員の評価

操作部は、ワークフローにあったユーザーインタフェス、ユニバーサルデザインへの対応、直感的な操作などによって、スマートで心地いいデザインを 達成している。本体造形は、明快でコントラストのあるしっかりとした造形にまとめている。

担当審査委員| 渡辺 弘明   山崎 和彦   渡邉 誠  

ページトップへ