GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
デジタルHDビデオカメラレコーダー ["ハンディカム" HDR-CX370V]
事業主体名
ソニー株式会社
領域/分類
ネットワーク領域 - 個人向けA&V機器
受賞企業
ソニー株式会社 (東京都)
受賞番号
10E03040
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

小型・軽量のスタイリッシュボディに高画質技術を凝縮しながら簡単シンプル操作を実現したフルハイビジョンビデオカメラ。手ブレ補正を強化し「歩く、ズームする、でもブレない」を実現。静止画撮影時27.4mm(35mm換算)の広角レンズを搭載、被写体と十分に距離がとれなくても広々ワイドな撮影が可能。裏面照射型CMOSセンサーの採用により暗い場面でも美しく撮ることができる。高性能ながら誰でも簡単でキレイに撮影できるシンプル操作、90シーンを判別し最適設定を自動選択する「おまかせオート」を搭載。ボディに映える美しい新色ボルドーブラウンを採用。デザインの魅力を引き出し、本質感、高級感を表現。

プロデューサー

ソニー株式会社 コンスーマー・プロフェッショナル&デバイスグループ PI&S事業本部

ディレクター

ソニー株式会社 クリエイティブセンター 新津 琢也、政光 聡、池永 隆

デザイナー

ソニー株式会社 クリエイティブセンター 安冨 浩

詳細情報

http://www.sony.jp/handycam/products/HDR-CX370V/

発売
2010年2月19日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

今までのビデオカメラに対するネガティブイメージ「大きい、重い、かっこ悪い。キレイに撮るのが難しい。」の完全払拭を目標とした。本機のような「小型、軽量、スタイリッシュ。キレイな映像を誰でもかんたんに撮れる」モデルを実現し提供することにより、ビデオカメラを持ち歩いて使用していただく機会を増やしたい、より多くの大切な思い出を残していただきたいと考えている。

デザイナーのコメント

フロントリング/パネルキャビにアルミ素材、カラーリングにつや消し塗装を採用するなどし、クラスを超えた高い質感を表現。高性能をシンプルに、スッキリとしたデザインにまとめた。また、レバー/ボタン類の位置をチューニングし、機能表記の印刷色をコントラストの高いものにするなど操作性にも配慮し、カメラに慣れない人にもやさしいデザインとした。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

旅行や子供のイベントなど、荷物を少なくしたい場面でビデオカメラを使用される方でビデオカメラにより小型・軽量を望まれる従来のお客様を想定すると同時に、今までビデオカメラを大きさ・重さ・見た目・操作性の難しさで敬遠しがちであった女性層、若年層など、新規のお客様も想定した。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

小型・軽量・スタイリッシュなデザイン、高性能ながらも初心者でもかんたんでキレイに撮影できるやさしい操作性の実現により、日常でも気軽にビデオカメラを持ち歩いて使う新しい価値を実現した。左右を平面で立ち落としたスリムで直線的なデザインによりカバンの中でも邪魔にならないフォルムを実現、またファッションにも合わせやすい新色ボルドーブラウンを採用することで持つ喜びの増幅も新たな価値として提案した。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

小型・軽量、スタイリッシュなデザイン、キレイな映像を誰でも簡単に撮れるシンプル操作を実現することにより、ビデオカメラを一部の限られた人が使うものではなく、より多くの人に受け入れられる商品にし、広めることで新たな映像文化創出の一助を担った。地球環境への配慮の取り組みとしては、小型にすることでボディに使用する部材の軽減、内装部品の一部で再生材の使用、低消費電力などを実現した。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

家電量販店、Sony Style(WEB)、ソニーストア銀座・大阪・名古屋、ソニービル etc.
http://www1.jp.sonystyle.com/Qnavi/Product/HDR-CX370V/

審査委員の評価

シンプルな造形とアルミ素材を活かしたデザインが機器としての質感の高さを醸成している。操作表記のコントラストの高い表現など、幅広いユーザーへの配慮も評価した。

担当審査委員| 柴田 文江   川島 蓉子   戸谷 毅史   宮崎 光弘  

ページトップへ