GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
USB マイクスピーカー [PSG-01S]
事業主体名
ヤマハ株式会社
領域/分類
ネットワーク領域 - 個人向けパソコン、および周辺機器
受賞企業
ヤマハ株式会社 (静岡県)
受賞番号
10E02048
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

PCの音環境をアップグレードするUSB接続のパーソナルマイクスピーカー。加速度センサー搭載によりボディコントロール(ボディの向きの切替)で動作が変わる。立てればネットワークコミュニケーション端末や録音用高音質360°ステレオマイクへ、寝かせれば自動的に高音質ステレオスピーカーへと変身する。直感的な操作性と様々な音の楽しみがぎゅっと詰まった、このサウンドガジェットは小型軽量で持ち運び簡単、しかもUSBバスパワーで使う場所を選ばず、様々なシーンで使用可能。

プロデューサー

ヤマハ株式会社 サウンドネットワーク事業部 開発推進部 技師補 畑紀行

ディレクター

ワダデザイン 和田功

デザイナー

ワダデザイン 和田功

和田 功 (ワダデザイン)

詳細情報

http://www.yamaha.co.jp/soundgadget/product_j/

発売
2010年2月11日
価格

26,800円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

チープな場合が多いPCの音環境のアップグレードを目標にした。USBで接続するだけで高音質なマイク、スピーカー、エコーキャンセラーが追加され、様々な音の楽しみをより高次元に体験出来る。

デザイナーのコメント

目に見えない音が、ボディの向きによって、性格が変わる。ユーザはPCと向き合っている状況で、そのそばにある本機の【ボディを、持ち上げ、置き換える】コトさえすれば、機能が切り替わる=ボディコントロール。面の向きが意識できる形。故にプロポーションは異なるが、これは仕掛けのある【音のサイコロ】といえる。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

もっと自然にネットワークコミュニケーションを楽しみたい人々や、チープな場合が多いPCの音環境をアップグレードしたい人々。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

下のような様々な音の楽しみをUSBバスパワー(ケーブル1本だけの接続)のみで気軽に使用可能にした。・高音質ステレオスピーカーによる音楽、映画鑑賞。・高品質適応型エコーキャンセラーによる円滑なネットワークコミュニケーション。・高音質360°ステレオマイクによる録音。また小型軽量により使用シーンも拡大した。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

ネットワークコミュニケーションの利用により、通信費の削減、または交通機関利用によるコストとCO2の削減が可能となる。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

スカイプショップ
http://www.skype.com/intl/ja/home/

審査委員の評価

縦にすると360°ステレオマイクで、横にするとステレオスピーカーと変化するデザイン。これまでにない新しい操作方法によってシンプルで直感的な操作方法を実現した。スカイプなどこれからの時代に適した先進的な操作と造形が魅力的である。

担当審査委員| 渡辺 弘明   山崎 和彦   渡邉 誠  

ページトップへ