GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
USBハブ [USBハブ 「STUDOLA」]
事業主体名
エレコム株式会社
領域/分類
ネットワーク領域 - 個人向けパソコン、および周辺機器
受賞企業
エレコム株式会社 (大阪府)
受賞番号
10E02038
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

パソコンのUSBポートを増設できるUSBハブです。この基本的なUSBハブの機能に加えてUSBコネクタの収納や固定が可能なため、コンパクトでミニマムな形状を実現しています。このデザインにより、未使用時の収納やモバイルに便利なUSBハブとなっています。

プロデューサー

商品開発部 開発1課 課長代理 山元一作

ディレクター

商品開発部 開発2課 プロダクトデザイナー 小泉徹

デザイナー

商品開発部 開発2課 プロダクトデザイナー 小泉徹

詳細情報

http://www.elecom.co.jp/news/201003/u2h-ck4b/index.html

発売
2010年4月9日
価格

1,280 ~ 1,480円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

単純なコンパクトさだけではなく、収納・モバイル時におけるミニマムな美観を重要視し、感性的に片付けたくなる、モバイルしたくなるUSBハブを作ることを目標とした。

デザイナーのコメント

USBハブとしての機能を損なうことなく、市場において最もミニマムなUSBハブを製品化できたと考えています。不必要なスタイリングを排除し、長く使ってもらえる形状を目指しました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

主にノートパソコンユーザーを想定しています。ノートパソコンの普及により、パソコン周りの利用環境の変化が見られます。その1つとして、ノートパソコンやUSBハブなどの周辺機器を逐次片付けるユーザーを想定しています。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

普遍的でミニマムなスタリングにより、様々なユーザーのインテリア環境に馴染ませることができ、すっきりとUSBハブを片付けることができます。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

飽きのこない、原始的な矩形形状を採用したこと。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ビックカメラなど家電量販店
http://www.rakuten.ne.jp/gold/elecom/index.html

審査委員の評価

USBハブとして、とてもシンプルなデザインに仕上がっている。ケーブルの処理の工夫もあり、定番商品として長く飽きのこないデザインとして好感が持てる。カラーバリエーションもパソコンなどとの調和を考慮したカラーである。

担当審査委員| 渡辺 弘明   山崎 和彦   渡邉 誠  

ページトップへ