GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
データセンター向け高機能アルミ二重床システム [フィットフロア]
事業主体名
NTTファシリティーズ
領域/分類
社会領域 - 公共機器設備
受賞企業
株式会社NTTファシリティーズ (東京都)
受賞番号
10D04011
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

データセンター環境構築に最適な、高い機能と性能を持つアルミ製二重床システム。社会的な重要度がますます高まるITインフラを支えるために、NTT通信機械室やデータセンター構築で培った豊富なノウハウを結集しました。業界初となる様々な新機能を盛り込んだ全く新しいコンセプトの二重床システムとして、データセンター環境構築における高度で多様な要求条件に的確にフィットします。二重床とラック設置用架台を一体化する独自のシステム構成を採用することにより、経済性と工期短縮を追求し、高い耐震性を確保、様々なサイズのラックに対応します。アルミ素材の特性を活かした軽量性と、先進的で明るいイメージの外観も大きな特徴です。

プロデューサー

NTTファシリティーズ 米川清水、伊藤喜文

ディレクター

NTTファシリティーズ 橋本弥古武

デザイナー

NTTファシリティーズ 近藤潤、酒井憲司+日本軽金属 田中清文 +日軽金アクト 明石泰知+日軽産業 和泉成則

詳細情報

http://www.ntt-f.co.jp

発売
2009年8月4日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

高信頼で高品質なITインフラの構築に寄与するため、以下のような目標の実現を目指しました。1)IT装置の高発熱化と多様化に対応し、様々な重量、サイズのラックを容易に搭載できること。2)様々な設計与条件に対応可能なフレキシビリティを確保すること。3)メンテナンス性や施工性を確保するために軽量化を実現するとともに、高い耐震性能を有すること。4)環境に配慮した製品開発。

デザイナーのコメント

高精度かつ軽量な「アルミ押出形材」を利用した次世代型二重床システムの開発は従来からの念願でしたが、技術的課題も多く、これまで実現できませんでした。今回、データセンター構築に関する豊富なノウハウを有する当社と、アルミのエキスパートである日本軽金属グループとの共同作業によってこの困難な課題をクリアし、アルミのもつ特徴や美しさを充分に活かした画期的な製品を生み出すことができたと考えています。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

データセンターやサーバルームを計画・構築・利用する全ての事業者へ、最適なITインフラ環境をご提供します。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

1)様々な重量、サイズのラックを直接搭載することが可能であり、コスト低減と工期の短縮を実現するとともに、運用中のIT装置への影響が少ない。2)設計与条件に応じて二重床高さや柱脚のピッチをきめ細かく調整可能。3)従来の二重床構成と比較して約50%の軽量化と、震度7クラス(兵庫県南部地震レベル)の高い耐震性能を実現。4)サイト内での床パネルの再利用および廃棄時のリサイクルが容易なため、環境負荷を低減。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

従来、NTT通信機械室などで規格化されたラックを効率的に収容するために用いられてきた架台一体型構成を採用し、様々なサイズのラックに対応可能な調整機構を付与するとともに、最適な空調設計を実現するための各種オプションをラインナップしました。また、近年ますます高くなる傾向にある二重床高さは350㎜から600㎜まで自由に設定可能であり、設計上必要な床下空間を充分に確保することができます。

審査委員の評価

従来の二重床製品とは全く異なる構成で高い耐震性を確保し、様々なユーザー環境に適合するシステムである。今までなかなか困難であったアルミ押出形材を利用した構造をアルミのエキスパートメーカーとコラボレーションする事によって問題解決を行い、実現したこの次世代の二重床システムはアルミのもつ特徴や美しさを充分に活かした画期的なプロダクトに仕上がっている。シャープで美しい整合感のある構成は信頼感を感じさせ、先進的で明るいイメージを実現している。

担当審査委員| ムラタ・チアキ   馬場 了   山本 秀夫   和田 達也  

ページトップへ