GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
電子黒板 [Panasonic UB-T880]
事業主体名
パナソニック システムネットワークス株式会社
領域/分類
社会領域 - 教育関連機器設備
受賞企業
パナソニック株式会社 (大阪府)
受賞番号
10D03006
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

パソコン画面を投影したボード上で、指や電子ペンを使って画面操作を行うことができる教育市場向けの電子黒板。電子ペンで書いたり、指で画像移動や編集をすることができ、直感的に操作できるのが特長。先生や生徒が3人同時での全画面操作(業界初)を実現し、電子教材を使用した生徒参加型の授業を可能にした。また、スピーカーを内蔵することで、動画や音楽教材による臨場感ある授業へも対応した。

プロデューサー

パナソニック システムネットワークス株式会社  イメージングビジネスユニット ビジネスユニット長  下村 広樹

ディレクター

パナソニック株式会社 デザインカンパニー AVCN第4開発グループ O&Sチーム 野田 淳

デザイナー

パナソニック株式会社 デザインカンパニー AVCN第4開発グループ O&Sチーム 中嶋 利博、谷 篤史/AVCN第4開発グループ UIチーム 三浦 雄一

詳細情報

http://panasonic.biz/doc/eboard/

発売予定
2010年6月20日
価格

298,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

学校の教室、会社の会議室など

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

近年、学校の現場では電子教材を使ったICT授業の導入が促進されている。本製品は、生徒が授業に興味を持って集中できるよう、直感的で楽しく分りやすい操作性を目指した。さらに、インタラクティブで参加型授業実現の為、同時に3人で画面操作できることを目指した。

デザイナーのコメント

先生と生徒が、楽しく安全に、電子教材を直感的に使えることを実現したく思い、現場視察からアイデア発想して、ユーザーインターフェイス、電子ペン、本体形状のデザインに一から取り組んだ。本商品を通じ、ICT教育が普及し、生徒の学力向上につながればと考える。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

パソコンで電子教材を活用した授業を行う、学校や塾などの先生と生徒。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

直感的な操作と参加型授業実現で、生徒の授業理解力向上へ貢献。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

直感的に指でも電子ペンでも画面操作が可能なユーザーインターフェースと3人同時全画面操作で生徒参加型授業を実現。本体は薄型で壁掛け時の出っ張りを極力抑え、R処理した形状で、人がぶつかった際の安全性を配慮した。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http://panasonic.biz/doc/eboard/

審査委員の評価

現在、電子教材を使ったICT授業の導入が促進されている。教育現場のICT化によって、学校のランドスケープは大きく変わろうとしている。この中で、この電子黒板は授業のあり方を根本から変えるものだと考え、評価に至った。中でも、3人が同時に書ける機能は共同作業のわくわく感を誘発する。個人ごとのペンメニューをそれぞれのエリアに表示し、他の人を邪魔しないインターフェースも心配りが嬉しい。押さえがちな柔らかなフォルムの外観は、シンプルな中に品を感じさせる。

担当審査委員| ムラタ・チアキ   馬場 了   山本 秀夫   和田 達也  

ページトップへ